目次

[1]圧倒的強さを見せた秋季大阪府大会
[2]痛恨の敗戦を喫した明治神宮大会
[3]接戦を制して劣勢を覆す!史上3校目の選抜連覇を成し遂げる
[4]選抜後の気の緩みは一切なし!安定した戦いで春の近畿王者に

 10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で、4人の選手が指名された大阪桐蔭。ドラフト1位指名を受けた根尾昂や藤原恭大を中心に、圧倒的な強さを見せて春夏連覇を達成した。
 今回は、そんな大阪桐蔭の強さを振り返るために、試合レポートと共に1年間の軌跡を紹介していく。順風満帆に見えた1年間であったが、試合の一つ一つを見ていくと、決して平坦な道のりでは無かったことがわかる。前編では秋季大会から連覇を達成したセンバツまでを見ていく。世代を代表する銀河系軍団の紆余曲折をご覧あれ。

圧倒的強さを見せた秋季大阪府大会


 夏の甲子園3回戦で、仙台育英にまさかの逆転サヨナラ負けを喫したところから始まった新チーム。だが、経験者も多く残り、秋季大阪府大会は圧倒的な力で勝ち上がっていった。
 4回戦までの3試合をすべてコールド勝ちで突破すると、5回戦の香里丘戦では、4番に座った根尾 昂が衝撃のバックスクリーン弾を放って快勝。続く準決勝でも、近大附の好投手・大石 晨慈を打ち崩して7回コールドで勝利すると、決勝では同じ大阪府で長年しのぎをを削る履正社と対戦し、9対2と完勝。圧倒的な強さを見せつけて、2年ぶりの優勝を飾った。

観戦記事

【平成29年度秋季大阪府高等学校野球大会】
決勝 大阪桐蔭vs履正社
大阪桐蔭緩む様子なし 根尾・柿木の投打の柱が活躍し2年ぶりの優勝

準決勝 大阪桐蔭vs近大附
大阪桐蔭が近大附の好投手・大石を攻略 コールド勝ちで、4年連続近畿大会出場!

5回戦 大阪桐蔭vs香里丘
大阪桐蔭が快勝で準々決勝へ!4番根尾が衝撃のバックスクリーン弾

4回戦 大阪桐蔭vs大手前
大阪桐蔭苦しむも、後半に投打で圧倒!6回コールド勝ち!

3回戦 大阪桐蔭vs三島
選抜優勝の先輩達からの思いを受け継ぎ、大阪桐蔭が2戦連続コールド勝ち