第331回 【千葉抽選会後 展望】注目は木更津総合vs銚子商・柏南だけではない!見所満載の千葉大会を徹底紹介!2016年06月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]成田・国分ブロック 夏に強い習志野がカギ
[2]市立船橋・千葉黎明ブロック 最大の注目は拓大紅陵vs国府台
[3]松戸国際・千葉経大附ブロック:我孫子、千葉商大付、木更津など厄介なチームが多数

 6月17日、第98回千葉大会の組み合わせが決定した。木更津総合vs銚子商柏南の勝者がぶつかることが注目される今大会だが、よく見ると、序盤から見逃せないカードが多く、早くも波乱が起きるのではないかというトーナメントになっている。参加校170校と参加校が多く、どれが見所なのか分からない方に今年の注目カードを紹介!
こちらもおススメ
【千葉展望】やはり今年も戦国!甲子園を狙える強豪校と怖いノーシード校は?
組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう
第98回千葉大会組み合わせ表

成田・国分ブロック 夏に強い習志野がカギ

内山 京祐 (習志野)

 攻守ともに総合力が高い成田。昨秋からチーム力の高さが光っていたが、ミスが多く、取りこぼしが多かった。だが一冬で技術、精神力ともに磨き上げ、県内上位のチームに成長。春はベスト4入りを果たし、Aシードとしてスタートする。初戦の相手は千葉日大一vs八街の勝者と対戦。春季大会で見せた盤石な試合運びで勝ち上がることができるか注目をしていきたい。

 千葉日大一は1年生から登板を経験している吉崎 圭亮に注目だ。さらに同ブロックには、早稲田実業との練習試合で打撃戦を演じた佐倉、伝統校・成東、打線が良い津田沼、好投手・立木 夏蘭擁する土気と地味ながら実力ある公立が多いのがこのブロックの特徴だ。

 ノーシードの日体大柏は、九十九里と対戦。またノーシードに回った習志野多古vs生浜の勝者と対戦と、初戦から厳しい戦いが強いられそうだ。習志野は、エース・並河 啓太、左の強打者・内山 京祐、俊足巧打の外野手・加藤 駿、勝負強い右打者・吉野 海都(2年)と選手層は厚く、また1年生が入ったことで、戦力はより強化されていくだろう。

 またCシードの国分も同ブロックであり、前半から激しい戦いが見られそうだ。昨夏はCシードながら決勝まで勝ち進んだ習志野はやはり怖い存在。このブロックのカギを握る存在になるだろう。

千葉敬愛・学館浦安ブロック ノーシードで怖いのは千葉市川、松戸馬橋、市立柏 

 またCシードの千葉敬愛小金vs市川の勝者と対戦。千葉敬愛はエース・石松 卓己が伸びのある直球を武器にする好投手。また石松は打撃も良く、一発を打つ長打力も秘める。市川ブロック予選東海大浦安に打撃戦(試合レポート)を演じて勝利したように、打力は高い。カギとなるのは強打の三塁手・宮村 友也や長打力に磨きがかかった宍倉 泰地だろう。

 一気に畳みかける攻撃で上位を目指したい、Bシードの東京学館浦安は、船橋二和市立柏の勝者と対戦。強打者・高橋 聖人の打撃がカギ。さらに投手陣の駒数は豊富であり、うまく乗り切って勝ち切っていきたい。市立柏は打力のある渡辺 剛志を中心とした打線がウリ。投手力を整備して、勝ち進んでいきたい。また同ブロックには、昨秋、東海大浦安松戸国際等を破って県大会に出場している松戸馬橋、隣の山を見ると、夏に向けて力をつけてくる大多喜敬愛学園も同ブロックで、なかなか見逃せないカードとなっている。

 Bシードの千葉明徳市原八幡と鶴舞桜ヶ丘の勝者と対戦。千葉明徳は攻撃力も高く、さらに継投策でうまく勝ち上がっていけるチームで、自分のペースで試合運びできるか。同ブロックには140キロ右腕・伊藤 翔など能力が高い選手が揃う横芝敬愛。順当にいけば3回戦で当たる予定で、前半戦の見所になりそうだ。

 Cシードの中央学院はエース・浅野 辰樹など昨夏の経験者が多いということ、さらに夏へ向けてしっかりと戦力を整理するチームなので、この夏も怖いチームになることは間違いない。また同ブロックには近年、強化を始めた暁星国際東京学館船橋も同ブロックで、これもまた注目だ。

このページのトップへ

【次のページ】 市立船橋・千葉黎明ブロック 最大の注目は拓大紅陵vs国府台

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第972回 声だけでベンチに入った選手。比護涼真(現・関東学園大)から見える木更津総合の強さ【高校野球コラム】
第23回 東金(千葉) 「不安を抱えて始まった21世紀枠推薦校!目指すは8強以上!」【冬が僕らを強くする2020】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
佐倉シニアvs浜松南シニア【2019ミズノ旗杯関東連盟秋季大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs拓大紅陵【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
浅野 辰樹(中央学院) 【選手名鑑】
石松 卓己(千葉敬愛) 【選手名鑑】
内山 京祐(習志野) 【選手名鑑】
加藤 駿(習志野) 【選手名鑑】
小林 功汰(志学館) 【選手名鑑】
宍倉 泰地(市川) 【選手名鑑】
島 孝明(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
鈴木 唯大(国府台) 【選手名鑑】
高橋 聖人(東京学館浦安) 【選手名鑑】
高橋 聖人(小諸商) 【選手名鑑】
立木 夏蘭(土気) 【選手名鑑】
都築 駿(志学館) 【選手名鑑】
中村 亮太(千葉経大附) 【選手名鑑】
中村 亮太(日本航空石川) 【選手名鑑】
中村 亮太(豊橋工) 【選手名鑑】
中村 亮太(神戸国際大附) 【選手名鑑】
並河 啓太(習志野) 【選手名鑑】
丸茂 弘汰(専大松戸) 【選手名鑑】
宮村 友也(市川) 【選手名鑑】
吉崎 圭亮(千葉日大一) 【選手名鑑】
吉野 海都(習志野) 【選手名鑑】
旭農・佐原白楊・八街 【高校別データ】
あずさ第一・泉・大網・九十九里 【高校別データ】
我孫子 【高校別データ】
市川 【高校別データ】
市川東 【高校別データ】
市原八幡 【高校別データ】
稲毛 【高校別データ】
印旛明誠 【高校別データ】
生浜 【高校別データ】
大網・暁星国際連合チーム 【高校別データ】
大多喜 【高校別データ】
県立柏 【高校別データ】
市立柏 【高校別データ】
柏南 【高校別データ】
県立柏・関宿 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
暁星国際 【高校別データ】
九十九里 【高校別データ】
九十九里・泉 【高校別データ】
敬愛学園 【高校別データ】
京葉工 【高校別データ】
小金 【高校別データ】
佐倉 【高校別データ】
佐倉東・旭農・佐原白楊・下総・八街 【高校別データ】
志学館 【高校別データ】
芝浦工大柏 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
袖ヶ浦 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
多古 【高校別データ】
千城台 【高校別データ】
千葉学芸 【高校別データ】
千葉敬愛 【高校別データ】
千葉商大付 【高校別データ】
千葉日大一 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
銚子商 【高校別データ】
市立銚子 【高校別データ】
津田沼 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
東海大浦安 【高校別データ】
東金 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
土気 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
成田 【高校別データ】
成田国際 【高校別データ】
成東 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
野田中央 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
船橋北 【高校別データ】
船橋芝山 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
船橋二和 【高校別データ】
幕張総合 【高校別データ】
松戸国際 【高校別データ】
市立松戸 【高校別データ】
松戸馬橋 【高校別データ】
松戸六実 【高校別データ】
茂原樟陽 【高校別データ】
八街 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】
四街道 【高校別データ】
流通経済大柏 【高校別データ】
麗澤 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム