野球部訪問

  • 三重高等学校(三重)【後編】
    2014.11.19
    第154回 三重高等学校(三重)【後編】
    前編に引き続き、三重高校の中村監督に、三重高校野球部の練習への取り組み方や、怪我を防ぐために心がけていることや考え方などをうかがった。
    詳細はこちら
  • 三重高等学校(三重)【前編】
    2014.11.17
    第153回 三重高等学校(三重)【前編】
    今年の春、夏の三重を制覇し、甲子園大会でも堂々の準優勝という成績を収めた三重高校野球部を訪問し、中村好治監督に話を聞いた。
    詳細はこちら
  • 東邦高等学校(愛知)
    2014.09.30
    第152回 東邦高等学校(愛知)
    スピードと打撃力を備えた選手が毎年いるのが特徴の東邦。どんな取り組みで、選手を育ててあげているのか。今回は、走塁面、打撃面の2つにしぼり、東邦の取り組みに迫った。
    詳細はこちら
  • 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬) 【前編】
    2014.09.27
    第151回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬) 【前編】
    この夏の公式戦10試合で61盗塁を記録した「機動破壊」。ハイレベルな機動力を、なぜ健大高崎は実現できるのか。オリジナリティーとスペシャリティーをもたらしている要素を探る。
    詳細はこちら
  • 花咲徳栄高等学校(埼玉)
    2014.09.16
    第150回 花咲徳栄高等学校(埼玉)
    昨秋は県大会優勝を果たしながら、今年の春と夏は、まさかの初戦で敗退となった花咲徳栄野球部。気持ちを切り替え、いち早く新チームがスタートを切って約2カ月、秋季大会前に訪ねた。
    詳細はこちら
  • 市立尼崎高等学校(兵庫)
    2014.09.10
    第149回 市立尼崎高等学校(兵庫)
    尼崎市立尼崎高校の野球部専用グラウンドを訪れ、竹本 修監督に話をうかがった。
    詳細はこちら
  • 聖望学園高等学校(埼玉)
    2014.09.04
    第148回 聖望学園高等学校(埼玉)
    2014年夏の埼玉県大会ではAシードながらまさかの3回戦負け。悔しさの中に見出した教訓とは。そして上級生重視による新チーム作りの真意とは。
    詳細はこちら
  • 仙台育英学園高等学校(宮城)
    2014.08.23
    第147回 仙台育英学園高等学校(宮城)
    今夏4回戦で破れ、甲子園出場を逃した仙台育英。しかし前チームのゲームセットは、新チームのプレーボール。今秋、そして、来夏へ。名門・仙台育英の新たな挑戦が始まっている。
    詳細はこちら
  • 松山聖陵高等学校(愛媛)
    2014.07.04
    第146回 松山聖陵高等学校(愛媛)
    松山聖陵高等学校は、今季は沖縄尚学の三塁手として沖縄勢センバツ初優勝、春夏連続出場を経験した荷川取秀明監督に導かれ、新たな形での「全員野球」で夏の愛媛初頂点を目指そうとしている。
    詳細はこちら
  • 府立大冠高等学校(大阪)
    2014.06.26
    第145回 府立大冠高等学校(大阪)
    激戦区大阪で毎年のようにベスト16、ベスト8進出を果たす安定した戦いぶりに定評があった大冠高校。この春の大阪大会では大商大堺、PL学園、上宮太子といった強豪私学を撃破3位入賞。
    詳細はこちら