下級生の時から将来性の高さを評価されていた関東一の本格派右腕・市川 祐。新宿シニアから実績十分の市川は1年夏から甲子園の登板を経験。さらに最速143キロもマークし、順調な成長を遂げていた。そして秋初戦の都立新宿戦で高校初のノーヒットノーラン達成した。

 好投手がプロ注目投手へ成長する過程はいろいろある。もともと飛び抜けた球速があって、あとから制球力がつくタイプと、高い制球力があって、あとから球速がつくタイプ。市川は後者だろう。中学時代は130キロ前後。そして1年春、横浜との親善試合で登板した姿を見たことあるが、125キロ前後の速球とカーブをテンポよく投げ分ける投手。また東東京大会でもベンチ入りしたが、128キロ程度で速くなかった。それでも米澤監督は制球力の高さと精神力の高さを評価してベンチ入り。実際に大舞台でも動じずに投げることができる強さは当時から光っていた。

 そしてコロナから開けて7月でも練習試合でも140キロ中盤の球速を計測するなど順調にレベルアップしていた市川。そして東東京大会ではベストメンバーで臨む4回戦からベンチ入りし、キレのある快速球を投げ込み、主に中継ぎ役として活躍した。

 そしてこの夏休み。米澤監督は先発完投できる投手を目指してほしいという願いをこめて、大会終了後の練習試合では先発として投げ、順調に結果を残し、この大会に臨んだ。

 都立新宿戦の先発マウンドに登った市川はこれまでと同じく、良い意味で脱力ができており、さらに冷静なマウンド捌きを見せてくれた。