第6回 四国地区記者・寺下 友徳が選ぶ今年のベストゲームTOP5 2015年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]5位:秋季四国地区大会決勝 高松商vs明徳義塾 / 4位:秋季愛媛県大会決勝 今治西vs新田
[2]3位:秋季香川県大会2回戦 小豆島vs高松南 / 2位:第97回選手権1回戦 敦賀気比vs明徳義塾
[3]1位:第87回選抜大会1回戦 松山東vs二松学舎大附

 2015年の四国高校野球を一言で書き表せば「悪戦苦闘」。この4文字に尽きる。探求と徹底で、ある程度の実力差は埋められるセンバツでは21世紀枠・松山東(愛媛)の健闘が光った一方で、実力がより問われる夏は37年ぶりに4校初戦敗退。その屈辱をベースに始まった秋には一筋の光明も見えつつある。そこで四国地区からはあえて、そのテーマに沿い収穫と課題が如実に出た「ベストゲーム」5試合をピックアップして紹介していきたい。

5位:秋季四国地区大会決勝 高松商vs明徳義塾

秋季四国大会で優勝した高松商

試合巧者で上回った、付加価値高い29年ぶり四国頂点

 この数年は四国内で競り合いに持ち込めば秋の四国大会・今治西戦を除き、ことごとく試合巧者ぶりを発揮し、相手を倒してきた明徳義塾。春は県大会決勝で高知中央に打ち負け。四国大会1回戦では英明の打棒に3対9と大敗したものの、逆に言えば打撃力で上回らないと倒せないことが明徳義塾対戦相手の共通理解となっていた。

 しかし、高松商・長尾 健司監督はそれとは違う、「徹底」を貫く今治西・大野 康哉監督とも異なる手法で盟主を倒してしまった。四国内では突出している個の能力は活かしつつ明徳義塾先発・中野 恭聖のクイックの遅さを突く盗塁で相手のペースを乱す試合巧者ぶりも披露。

 個と戦術の融合を果たした26年ぶりの秋季四国大会頂点獲得は、付加価値が非常に高い。明治神宮大会と冬の練習を経て、彼らが起こすであろう化学変化は、今後の四国地区の高校野球にとっても興味深い事象とはるはずだ。(試合レポート

4位:秋季愛媛県大会決勝 今治西vs新田

秋季県大会優勝の今治西

愛媛の常勝軍団・今治西の「ショッキングな」頂点獲得

 愛媛県内・四国内では抜群の勝負強さを発揮する今治西。その秘訣は昨年・一昨年の秋季四国大会・明徳義塾戦に代表されるように、先制されても自分から崩れることなく我慢強く戦い、相手がスキを見せた瞬間を見逃さず一気に突く一貫した姿勢にある。「練習は試合のように、試合は練習のように」。練習での緊張感と比較すれば試合での緊張は負担にならない。これが彼らの生命線になってきた。

 ただ、この試合についていえば、レポートにも記したように「すべきことをやりきれない」ミスが頻発。「守り勝つ」伝統の愛媛高校野球を体現してきた常勝軍団の「ショッキングな」頂点獲得は、2017年に「愛顔つなぐえひめ国体」で全国の強豪を迎える今後の野球王国を考える上においても、大きな示唆を与えるものだったと感じている。(試合レポート

このページのトップへ

【次のページ】 3位:秋季香川県大会2回戦 小豆島vs高松南 / 2位:第97回選手権1回戦 明徳義塾vs敦賀気比

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
第1052回 奥川恭伸に刺激を受けた木下元秀(敦賀気比) 高校野球で残した後悔をプロの世界で晴らす! 【2019年インタビュー】
大江 竜聖(二松学舎大附) 【選手名鑑】
亀岡 優樹(松山東) 【選手名鑑】
佐田 涼介(明徳義塾) 【選手名鑑】
七俵 龍也(明徳義塾) 【選手名鑑】
中野 恭聖(明徳義塾) 【選手名鑑】
飛田 登志貴(明徳義塾) 【選手名鑑】
樋本 尚也(小豆島) 【選手名鑑】
平沼 翔太(敦賀気比) 【選手名鑑】
米田 圭佑(松山東) 【選手名鑑】
小豆島 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
高松南 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
松山東 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム