印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第207回 【侍ジャパン18U代表】明徳義塾高等学校 岸 潤一郎選手2014年09月03日

 チームを甲子園に4回も導いた立役者・岸 潤一郎明徳義塾)。そのプレースタイルは何事も全力プレーだ。ただし岸の全力プレーは、何も考えない全力プレーでなく、よく考えられた全力プレーである。その”全力プレー”の理由に迫る。

常に全力プレーを心掛ける岸 潤一郎。その理由とは?

岸 潤一郎(明徳義塾)

「今日は全力投球。それだけです!」

と振り返る岸 潤一郎明徳義塾)。計4回も甲子園出場を果たした右腕から感じたことは利発さだが、話しぶりを聞くと、冷静さよりも情熱を感じた。

 投手としては最速146キロの速球に、キレのあるカットボール、ツーシームを投げ分け、打者としては大阪桐蔭戦で本塁打を記録したように、打者としての才能も優れる。高橋監督は岸を二刀流で使うことを決断した。

「彼の投打の能力の高さについては私が一番分かっています。今回のメンバーを見ると足を重視したので、左打者が多く、バランスを欠いてしまう。左投手を想定すると、右打者が欲しい。それを踏まえて、岸には打撃にも取り組んでほしいと話しました」

 高橋監督が期待するのは岸のユーティリティ性だ。高橋監督は取材上で、岸を「今大会のキーマン」と何度も語っており、期待する様子がうかがえた。

 だがそれまで木製バットを握ったこともない岸。合宿2日前に木製の練習に取り組んだという。とにかく必死にバットを振った。そこで感じたのは、とにかく強く振ることだ。

「当てる打撃をするとバットが折れやすいと聞いて、だから常に強く振ることを心掛けています」

 その結果、関西大学戦でも安打を放ち、大会に入っても、フィリピン戦スリランカ戦と続けて安打を放ち、打者としても結果を残していた。だがまだ登板はない。

 高橋監督は
「なかなか準備がしづらく、気持ちが入りにくいと思うけど、辛抱してくれ」と岸に話した。

 そしてついに投手・岸の登板が訪れた。11対0で大量リードを決めた6回裏に登板。岸は立ち上がりから全力投球。常時130キロ後半(最速141キロ)の速球、120キロ台のキレのあるスライダーがコントロール良く決まり、三者連続空振り三振。まさに快刀乱麻の投球ともいって良い投球であった。

 今大会、日本代表の投手は調整感覚で、投げることが多く、球速も控えめ。だが今日の岸の投球は力感があり、最も素晴らしいストレートを投げ込んでいた。
奪三振ラッシュは続き、五者連続三振を奪い、最後の打者を内野フライに打ち取り、ゲームを締めた。

 それにしても、クレバーな投球をする岸からすると、力がこもった投球であった。だが岸はそれが自分のスタイルだという。
「軽く投げて、ボールが行く投手はいますけど、自分はそうではないんです。やはり全力で投げて、腕を振った方が自分の投球が出来るんです」

 それは今日の岸の投球を見て感じ取れた。投球だけではない、打撃も小さくまとまらず、強く振ることを心掛けている。何事も全力プレー。それが岸のプレースタイルといえるだろう。クレバーにも見えるが、どんな相手にも全力プレーを心掛けた結果が、甲子園へ4回も導く活躍を見せたともいえる。

 次の台湾、韓国戦ではどんな投球を見せていきたいか聞いてみた。

「やはりインコースをつけるかどうかだと思いますね。インコースに穴があるように感じたので、甘くならず、全力で腕を振って抑えにいきたいと思います」

 インコースの重要性。実際に岸の投球を見て、考えを聞くと、リリーフは岸の力、スタイルを発揮するには絶好のポジションともいえる。

 決勝リーグはどの場面で登場するのか、リリーフか、それとも試合を締めるクローザーか。次も全力投球で、台湾、韓国をねじ伏せる投球を見せてもらいたい。

(文・河嶋 宗一


【試合レポート】18U日本代表vs中国(2014年9月03日)
【インタビュー】明徳義塾高等学校 岸 潤一郎選手(2013年9月30日)

第10回 BFA 18Uアジア選手権

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岸 潤一郎
岸 潤一郎(きし・じゅんいちろう)
  • 所属:明徳義塾高校
  • 学年:3年
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:175センチ75キロ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第129回 選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第609回 優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
第606回 初出場初優勝を狙う創成館か?大エース擁する明徳義塾か?神宮大会決勝の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
第363回 明徳義塾高等学校 古賀 優大選手「探究の『肩』と研究の『リード』で真の『女房役』へ」 【2016年インタビュー】
明徳義塾vs健大高崎【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
健大高崎vs日本文理【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
明徳義塾vs八頭【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
明徳義塾vs敦賀気比【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
明徳義塾vs沖縄尚学【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
第14回 甲子園総括コラム ~選手から振り返る 第96回全国高校野球選手権大会~ 【2014年選手権大会】
第10回 第96回全国高校野球選手権大会 この球児たちのプレーを見逃すな! 投手編 【2014年選手権大会】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー