News

和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は?

2020.06.21

和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は? | 高校野球ドットコム
2017年、千葉ロッテに育成1位指名を受けた和田康士朗(県立小川-都幾川倶楽部野球団-富山TB)

 6月19日に3ケ月遅れでプロ野球が開幕した。無観客試合ではあったものの、テレビやインターネット配信を用いて多くのファンが観戦。たくさんの思いが戦っている選手や監督、コーチ陣へと届けられたことだろう。

 そんな中、代走での出場ながら大きく注目されたのが、6月1日に育成契約から支配下登録されたばかりの和田康士朗(ロッテ)だ。6月の練習試合でも7個の盗塁を決めた足のスペシャリストである。

 この日の試合でも1点ビハインドの9回表に一塁走者の代走で起用されると、「甲斐キャノン」をかいくぐり、プロ入り初盗塁を決めその後ホームに生還している。

 今後、有観客試合が行われるようになったら、和田の名前がコールされた瞬間に球場は大きく湧くことになりそうだ。そう予感させてくれるデビュー戦であった。

 そんな和田は埼玉県の小川高校出身。とはいえ、高校時代は野球部ではなく陸上部に所属し、野球はクラブチームの都幾川倶楽部硬式野球団でプレーしていた異色の存在である。同校からNPBのドラフト指名を受けた初の選手でもあった。

 さて、埼玉県の高校からNPB入りを果たした選手を見ると、やはり浦和学院高、花咲徳栄高が多い。その後に春日部共栄高、大宮東高などが続く。しかし小川高のように「ひとりだけ」ドラフト指名を受けている高校も多くある。

 現役選手だと高梨雄平(楽天/川越東高)や松岡洸希(西武/桶川西高)、佐野泰雄(西武/和光高)、加藤翔平(ロッテ/春日部東高)、武藤祐太飯能南高)らの母校がそうだ。

 古くは広島で活躍した木下富雄を輩出した飯能南高、JFKの一角として阪神を支えた久保田智之滑川高(現滑川総合高)唯一のドラフト指名選手である。

 その他にもDeNAで中継ぎとして活躍した加賀繁の母校である埼玉平成高、2年連続で最優秀中継ぎに輝いたオリックスの佐藤達也を輩出した大宮武蔵野高もそうだ。少し特殊な例ではあるが、前ロッテの監督である伊東勤所沢高出身唯一のNPBプレーヤーである。

 このようにNPBへ有力選手を多く送り込んでいる強豪校以外からも、NPBプレーヤーは誕生しているのである。

 現時点ではNPBプレーヤーをひとりだけしか輩出していない学校は、甲子園に出場するような学校ではなく全国的には無名の場合が多い。しかし、そういった学校の選手からもスター選手が生まれる可能性は多くある。それも野球のおもしろさのひとつかもしれない。

<NPBドラフトに1名だけ指名されている埼玉県の高校>
※2019年ドラフト終了時点

熊谷
佐々木保昌熊谷高→1965年阪急13位)※入団拒否

春日部
木下富雄春日部高→駒沢大→1973年広島1位)

飯能
小鷹卓也飯能高→1973年ロッテ2位)

大宮商
鈴木博昭大宮商高→三菱自動車川崎→1973年中日2位)

所沢
伊東勤熊本工高→所沢高→西武練習生→1981年西武1位)

熊谷農
橋本敬司熊谷農高→富士重工→1981年巨人4位)

熊谷商
原口哲也熊谷商高→1985年西武3位)

朝霞
松元繁朝霞高→1989年ヤクルト5位)

栄東高(旧校名:埼玉栄東)
中山雅行(埼玉栄東高→中央大→熊谷組→1993年ロッテ4位)

武蔵越生高(旧校名:越生
中川隆治越生高→青山学院大→1994年近鉄2位)

南稜
高橋薫南稜高→日本通運→1999年ロッテ1位)

児玉
新井亮司児玉高→1999年阪神4位)

秩父農工科学高(秩父農工と秩父東が統合)
板倉康弘(秩父農工高→東農大生産学部→2001年オリックス12巡目)

滑川総合高(滑川と吉見が統合)
久保田智之滑川高→常磐大→2002年阪神5巡目)

狭山清陵
河野友軌狭山清陵高→法政大→2002年横浜8巡目)

川口
小林憲幸川口高→城西国際大中退→全浦和野球団→四国リーグ徳島→2007年ロッテ育成3位)

埼玉平成
加賀繁埼玉平成高→上武大→住友金属鹿島→2009年横浜2位)

飯能南
武藤祐太飯能南高→ホンダ→2010年中日3位)

秩父
黒沢翔太秩父高→城西国際大→2010年ロッテ育成1位)

大宮武蔵野
佐藤達也大宮武蔵野高→北海道東海大→ホンダ→2011年オリックス3位)

春日部東
加藤翔平春日部東高→上武大→2012ロッテ年4位)

和光
佐野泰雄和光高→平成国際大→2014年西武2位)

山村国際
堀内汰門山村国際高→2014年ソフトバンク育成4位)

川口青陵
野川拓斗川口青陵高→城西国際大→鷺宮製作所→2015年DeNA7位)

川越東
高梨雄平川越東高→早稲田大→JX-ENEOS→2016年楽天9位)

小川
和田康士朗小川高→富山GRNサンダーバーズ→2017年ロッテ育成1位)

桶川西
松岡洸希桶川西高→埼玉武蔵ヒートベアーズ→2019年西武3位)

関連記事
河野 竜生(JFE西日本) 北海道日本ハムファイターズドラフト1位として 「想い」を持って北の大地へ降り立つ!
第79回 社会人野球屈指のスラッガー・今川優馬(JFE東日本)の原点。高校時代の恩師の視点から今川の成長を語る
今年の近本枠を狙うJFE西日本・三好大倫(三本松)の強み

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード