大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.04.07

根尾 昴(大阪桐蔭)

【第90回記念選抜高等学校野球大会・総括】
大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括

 今回4月4日に大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツ大会を振り返り、打者・投手の評価をフォームを第一に考え、注目した選手を紹介していく。投手部門では優勝投手の根尾昴や明徳義塾市川 悠太らを選出。
 野手部門では明秀学園日立増田 陸大阪桐蔭の4番藤原 恭大に注目していく。

(続きを読む)

【目次】
[1]センバツ大会ナンバーワン投手は大阪桐蔭の優勝投手・根尾昂
[2]藤原恭大と根尾昂のナンバーワン野手争い

コメントを投稿する

次の記事:
チームスローガンは「執」 6年ぶりの甲子園を目指す倉敷商の取り組みに迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る