前橋育英、健大高崎の二強がリードする群馬の歴史を振り返る

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.03.13

前橋育英の選手たち

【2018年度版・47都道府県 高校野球勢力図の変化】
双頭となった健大高崎と前橋育英の争い、桐生一と樹徳などが追う【群馬・2018年度版】

 いくつかの歴史が節目となっている群馬県の高校野球勢力図。かつては県立校の桐生が圧倒的な勢力を誇った。1950~60年代のことである。その桐生には伝説化された稲川東一郎監督がいた。「ユニホームを着たまま死にたい」ということをいつも口にして、その思いを遂げてグラウンドで他界した。そして、その遺志を継いで桐生高校野球部は名門であり続けた。

(続きを読む)

【関連記事】
強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括! 【ニュース - コラム】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
両校合わせて30安打飛びだす壮絶な打撃を制した、健大高崎が優勝!【春季関東大会】 【ニュース - 高校野球関連】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第664回 12年ぶり優勝を狙う日大三か?6年ぶり優勝を狙う健大高崎か?春の関東王者はどちらに!?【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs東海大甲府【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
前橋育英vs藤岡中央【群馬県 2018年春の大会 群馬県春季大会】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
第541回 根岸 崇裕(前橋育英)「背番号1の期待に少しは応えられたかな」 【2017年インタビュー】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
第470回 埼玉西武ライオンズ 髙橋 光成投手「『目の前に』集中すれば、どんなことも乗り切れる」 【2016年インタビュー】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
桐生 【高校別データ】
桐生市立商 【高校別データ】
桐生第一 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
前橋 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
前橋工 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る