ご当地グルメで代表校の特色がわかる!?甲子園で食べられる地元メシ!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.08.08

クールに見えて破壊力抜群!(安本・静岡)

■高校野球コラム
ご当地グルメで代表校の特色がわかる!?甲子園で食べられる地元メシ!

 阪神甲子園球場では2011年からB-1グランプリコーナーが設置され、ご当地メニューが提供されています。
毎年期間を変えて約10~15種のメニューが取り扱われており、過去には佐伯ごまだしうどん(大分)、八戸せんべい汁(青森)、とうふちくわ(鳥取)、姫路おでん(兵庫)、本荘ハムフライ(秋田)などなど、広くご当地の味を野球ファンに紹介してくれているそう。
ちなみに今年の選手権開催期間中は、西伊豆しおかつおうどん(静岡)、北上コロッケ(岩手)、加古川かつめし(兵庫)、なみえ焼きそば(福島)、十和田バラ焼き(青森)の5種。メニューを詳しく見てみると、各県代表校の特徴が垣間見えてきた…!?(続きを読む)

■バックナンバー
第45回 甲子園『安』上がり観戦術
第44回 ただのBGMではない!野球応援を彩る吹奏楽部の活躍
第43回 【地区大会決勝トリビア】11度目の悲願で初優勝を果たした、二松学舎大附
第42回 【地区大会決勝トリビア】あと一歩が続く霞ヶ浦
第41回 文武両道を高いレベルで実践!各地区トップクラスの進学校を紹介!【西日本編】

【高校野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

【関連記事】
延長タイブレーク、大事なのは監督が楽しむメンタルを持つこと 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園のバックネットが変わった!でもどう変わったの? 【ニュース - 高校野球関連】
第45回 甲子園『安』上がり観戦術【高校野球コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
【新潟展望】20日抽選!県2強日本文理・中越に続くチームの存在がある春季新潟県大会の展望を予想!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る