野球部訪問

2017.06.23
KBC学園未来高等学校沖縄(沖縄)「自利利他」の信念のもとに
那覇南・南部地区野球大会で2連覇。同じく昨年の一年生中央大会では優勝を収め、強豪・沖縄尚学と互角の戦いを見せるなど成果が見えている未来沖縄。この夏の選手権沖縄大会を制する可能性のあるチームに訪問した。
2017.06.09
宇部鴻城高等学校(山口)「教育の一環」かつ「真に強い集団」として
春の山口県大会を秋に続いて制覇。次なる目標を夏の甲子園出場に定める宇部鴻城(山口)。冬に積んだ精神力とスタミナを鍛えるトレーニングや高校野球の原点「教育の一環」を貫く姿勢に迫る。
  • 県立静岡高等学校(静岡)「個性の引き出し」と「故障管理」による投手育成
    2017.04.17
    第428回 県立静岡高等学校(静岡)「個性の引き出し」と「故障管理」による投手育成
    全国に通じる成績を残し続けている静岡。その売りの1つとしてあげられるのが「好投手の育成」である。今回はその根幹にある「個性の引き出し」と「故障管理」から静岡の投手育成メソッドに迫ってみた。
    詳細はこちら
  • 県立静岡高等学校(静岡)
    2015.03.15
    第178回 県立静岡高等学校(静岡)
    今大会トップクラスの攻撃力を誇る静岡。率いる栗林 俊輔監督に、攻撃力の秘訣についてと選抜へ向けてのチーム作りを観点に話を伺った。
    詳細はこちら
  • 常葉学園菊川高等学校(静岡)
    2013.02.23
    第93回 常葉学園菊川高等学校(静岡)
    2007年のセンバツで初優勝。翌08年夏の甲子園では準優勝に輝き、豪快なフルスイングに積極果敢な走塁は高校野球の常識を覆し、一躍高校野球界のトップに躍り出た常葉菊川。ピンストライプのユニフォームが甲子園に戻ってくる。
    詳細はこちら
  • 聖隷クリストファー高等学校(静岡)
    2012.09.11
    第79回 聖隷クリストファー高等学校(静岡)
    近年、徐々に力をつけ、甲子園まであと一歩と迫りつつある聖隷(せいれい)クリストファー。今夏の静岡大会ではベスト4に進出。一躍、県内で注目を浴びるチームとなった。
    詳細はこちら
  • 県立浜松工業高等学校(静岡)
    2012.07.09
    第74回 県立浜松工業高等学校(静岡)
    81名が所属する野球部の生徒たちは、入学当初から『浜松から甲子園』を目指し、高い意識で入部を決めてくるという。その浜松工を率いて今年で5年目となる稲垣博監督が、2年前の春から、徹底して行っているのが、選手たちの体作りだ。
    詳細はこちら