冬が僕らを強くする2018

  • 宿毛高等学校(高知)
    2018.03.03
    第80回 宿毛高等学校(高知)
    昨秋、部員9人ながら県大会ベスト8を果たした宿毛。1人も欠くことができない中、どんな方針で取り組んできたのか。また、注目選手に意気込みをうかがった。
    詳細はこちら
  • 山形学院高等学校(山形)
    2018.03.03
    第79回 山形学院高等学校(山形)
    昨秋は村山地区1次予選代表決定戦で東海大山形と接戦を演じ、2次予選を勝ち上がって県大会ベスト8まで進出した山形学院。「甲子園出場」の現実味を味わいながら鍛錬する彼らの冬を追っていく。
    詳細はこちら
  • 刈谷工業高等学校(愛知)
    2018.03.03
    第78回 刈谷工業高等学校(愛知)
    昨秋県大会ベスト16の刈谷工。ポジティブフィードバックを合言葉に、組織力を高めてきた。来る春の大会へ向けて意気込みを伺った。
    詳細はこちら
  • 桜井高等学校(富山)
    2018.03.03
    第77回 桜井高等学校(富山)
    過去、4度夏の甲子園出場を果たしている富山県立桜井高等学校。新チームからは元・福岡ソフトバンクホークスの藤井 翼コーチが新監督に就任。28歳指揮官の下で新たなる風が吹き込んでいる彼らを迫っていく。
    詳細はこちら
  • 翔陽高等学校(熊本)
    2018.03.02
    第75回 翔陽高等学校(熊本)
    長き農業高校時代を経た1996年、総合学科を創立し新たな道をスタートさせた熊本県立翔陽高等学校。創立113周年の今年、初の甲子園出場を目指す野球部の冬に迫る。
    詳細はこちら
  • 取手一高等学校(茨城)
    2018.03.02
    第73回 取手一高等学校(茨城)
    過去、1968・1969・1973年と3度夏の甲子園出場経験を持つ取手第一。「共創野球」を掲げ、45年ぶり甲子園出場へ邁進するチームの冬はいかなるものになのか?その日々を迫っていく。
    詳細はこちら
  • 長野西高等学校(長野)
    2018.03.02
    第74回 長野西高等学校(長野)
    北信越大会直前に日本文理との練習試合で、接戦を演じた長野西高校。妥協を許さず互いが切磋琢磨して技術と精神の両方を鍛え、明るく・あたたかな花を咲かせるようなチームを目指す彼らに迫った。
    詳細はこちら
  • 柏崎工業高等学校(新潟)
    2018.03.02
    第73回 柏崎工業高等学校(新潟)
    昨秋は新潟県大会南支部予選3回戦で長岡工に悔しい完封負けを喫した新潟県立柏崎工業高等学校野球部。例年以上の積雪に見舞われる柏崎の地で足下を踏み固め、一歩ずつ上を目指す彼らの冬に迫っていく。
    詳細はこちら
  • 星林高等学校(和歌山)
    2018.03.01
    第72回 星林高等学校(和歌山)
    昨年のWBCの監督を務めていた小久保 裕紀氏の出身校である、和歌山県立星林高等学校。春・夏で活躍するためにフィジカルの強化をテーマに掲げて取り組んでいる星林高校の冬の意気込みを伺った。
    詳細はこちら
  • 甲府工業高等学校(山梨)
    2018.03.01
    第71回 甲府工業高等学校(山梨)
    過去に春5回・夏8回の甲子園出場を果たし、1987年春・1666年夏にはベスト8入りも果たしている山梨県立甲府工業高等学校。2006年夏以来遠ざかる聖地への道を切り拓こうとしている彼らの冬を追う。
    詳細はこちら