仁志 敏久が語る