実力校が目白押し!大社が一歩リードするも予測困難な島根大会を徹底解剖!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.23

昨年の王者・益田東

【大会展望】
大社は19年ぶりの甲子園なるか?石見智翠館、益田東らなど実力が拮抗する混戦模様!【島根大会展望】

 7月14日から開幕する島根大会。この1年は大社が2季連続優勝を決め一歩リードする展開。だが、連覇を目指す益田東など実力校はまだまだひしめいている。そんな島根県の秋季大会と春季大会を振り返り、夏の展望を見ていきたい。(コラムを読む)

【関連記事】
第931回 大社は19年ぶりの甲子園なるか?石見智翠館、益田東らなど実力が拮抗する混戦模様!【島根大会展望】【大会展望・総括コラム】
94回選手権 島根大会組み合わせ決まる 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
【明治神宮大会】出場校紹介 県立静岡高等学校(静岡)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る