印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第66回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手2011年06月07日

キレと伸びのある真っ直ぐを磨くコツ

"リリースポイントをより前で"

――唐川投手は、高校時代から伸びのあるストレートで打者を抑えていましたが、その球を磨くために意識していた点はどんなことですか?

「唐」 僕が一番意識したのは、キャッチャーの奥に投げるつもりで投球すること。これは高校に入学してすぐ先輩から教わりました。イメージとしては、ダッシュと一緒で、50メートル走る時も、60メートル走るつもりで走れって言われるじゃないですか。それは、ゴールの時に力を緩めないようにするためなんですけど、ピッチングでも同じイメージです。距離は18.44でも、それより先に強い球を投げる。キャッチャーを突き破っていくような感じで投げていましたね。

――他にも、球の伸びやキレを増すために、取り入れていたトレーニングはありますか?

「唐」 リリースポイントを結構“前に”っていうイメージで僕は投げています。よりバッターの近くで離す感覚で。それには、下半身の力や柔軟性も大事になってくるので、股関節がよく動くトレーニングメニューなど結構やりましたね。

あとは股関節や肩甲骨でも、柔軟性を高めるストレッチを行ったり、とにかく練習ではたくさん動かすようにしていました。こういったトレーニングによって、体重移動の時間が長くなったんで、よりリリースポイントの位置を前にすることが出来るようになりました。

――プロに入ってからも、さらにレベルアップするためにどのようなことを考えて投げているのですか?

「唐」 高校の時は真っ直ぐで押すっていう感じだったんですけど、今は他の球種を使って真っ直ぐをより生かすようにするとか、少しずつスタイルが変わってきています。でも、根本の部分は変わってないですね。僕は、球は速くはないんで、数字的なスピードは出ないけど、球のキレや、リリースポイントをより前でっていうところで球を速くみせることは出来ると考えています。

――キレと伸びのある球を投げるために、グラブ選びにもこだわりはありますか?

「唐」 高校の時からグラブはミズノを使っていたので、プロに入ってからもその流れでミズノのグラブを使い始めたんですが、ミズノプロの新しいジャンルの「グローバルエリート」というグラブが出来てからは、それを使っています。グローバルエリートを選んだ理由としては、軽量感を重視して開発されたグラブだったからですね。自分はなるべくグラブは軽めのものを選ぶようにしているんです。グラブっていうのは、自分の体を操作する中に位置するものなので、自分にとって邪魔にならずに扱いやすいほうがいいんですよね。ピッチャーって結局はバランスが大事だと思うので、そういった意味で、今はいいグラブを選んで使えていると思いますね。

このページのトップへ

【次のページ】 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手(4)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

浅尾拓也
唐川侑己
  • 生年月日:1989年07月05日
  • 出身地:千葉県成田市
  • 成田高等学校-千葉ロッテマリーンズ
  • 08年ドラフト会議にて、千葉ロッテマリーンズ、広島東洋カープから1巡目指定を受け、抽選で交渉権を得た千葉ロッテマリーンズに入団。
    平成生まれのプロ野球選手の勝利投手第一号をはじめとして、鋭いスライダーを持ち味にますます活躍を続けている。
【関連記事】
第8回 【12球団ドラフト指名予想】佐々木朗、藤原、安田など近年ドラフト戦略に成功している千葉ロッテは2年後には黄金期に入る!?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1263回 世代屈指の強肩捕手・古谷将也(成田)が目指した捕手像【後編】 【2020年インタビュー】
第1261回 千葉県に現れた全国クラスの強肩捕手・古谷将也(成田)。プロ入りした先輩捕手の背中を追いかけ急成長【前編】 【2020年インタビュー】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
唐川 侑己(成田) 【選手名鑑】
成田 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー