第50回 東京ヤクルトスワローズ  田中 浩康選手2010年08月02日


第50回の独占インタビューは、東京ヤクルトスワローズ、田中 浩康選手です。

高校時代は尽誠学園にて1、2年時に甲子園出場。そして早稲田大学に入学し、六大学リーグ戦の全試合に出場し活躍された田中選手。その後東京ヤクルトスワローズに入団し、堅実な守りと安定したバント技術でチームの勝利に貢献している田中選手に、高校とプロの世界の練習の違い、持ち味の守備の秘訣についてお話を伺ってきました。


尽誠学園の練習から学んだこと

スタッフ(以下「ス」):高校時代の練習で得たものはなんだと思いますか?

田中浩康選手(以下「田」):ディフェンスを大事にする方針だったので、守備練習にあてる時間が長かったですね。ノックや基本的なゴロ捕球だとか、そういうものが多かったです。でもバッティング練習も長かったな・・・(笑)。

「ス」:全部長かったですね(笑)。

「田」:だからたくさん練習ができる土台が高校時代で作れました。高校時代は練習の量をこなせる時期なので、すごく練習をした期間でした。そのときの経験が、今でも練習で自分を追い込む基準になったりしています。

高校時代に練習をたくさんしたことが今にすごく生きています。ここまでやっても大丈夫だとか、逆にここまでやらないとダメだとか、そういう基準ができました。そういった基準がないまま大学やプロに進むと、壁にあたったときに戻る場所がないですよね。そういったことでは良い経験になりました。たくさん練習をした中にいろいろな発見があるので、そういう経験もして欲しいと思います。

「ス」:高校時代から守備の意識は高かったのですか?

「田」:二遊間を守っていたので高かったですね。特に僕の場合はチームに良いピッチャーがいたので、それを中心にした守りに重点を置いました。打ち勝つというより守り勝つということが大前提でした。高校野球は一発勝負ですから、バッテリーを含めた内野の守備が勝敗を分けることも多いので守備力を上げることが第一でした。