第1134回 JFE東日本のスラッガー・今川優馬が語る打撃理論はシンプルでも具体的だった!2020年04月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]構え/タイミング
[2]押し手と引き手/下半身の使い方

押し手と引き手



今川優馬(JFE東日本)

――打撃において押し手(右打者の場合は右手)、引き手(右打者の場合は左手)の役割も重要ですが、まず右手の使い方はどう考えていますか?

今川:右手を早く返さないことです。早く手首が返ってしまうと捏ねてしまうので。そのままチョップで出すイメージで振ります。

テニスと似ていると思うんですけど、打撃も同じく横の面でしっかりと叩けるようにしたいです。

――左手の役割はいかがでしょうか。

今川: 左手も同じで手首が早く返ったらNGなので、右手と左手の手のひらの向きが上と下に向いている状態。それを維持したいですね。

―― 逆にそういう練習はティーバッティングが重要でしょうか?

今川:そうですね。置きティーでやっています。

両手の役割:しっかりとバットの面で捉えるため手首の使い方が重要。インパクトの瞬間は両手の手のひらが合わさるイメージで!

下半身の使い方



注目のドラフト候補・今川優馬

―― 下半身の使い方についてはどう考えていますか?

今川:打撃は下半身だと思っています。いかに骨盤を回すか。骨盤を早く回せば、上半身も早く回って腕も出てきます。
 腕だけで回さないように意識します。開くなといわれますが、それを意識すると、腕だけで回ってしまうので、骨盤回らないスイングになります。

 それが外回りのスイングとなってしまい、インコースに詰まって強いスイングができないので、上半身を残していければ変化球にもついていけます。

下半身のポイント まず骨盤を早く回すことを意識。それが上半身の動きにつながる。

打撃フォームの動きを1つずつ解説していただいた今川。後編ではさらに今川の打撃論の核心に迫っていく。

(取材=河嶋 宗一


関連記事はこちらから!
社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1
社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「監督に打撃スタイルを否定されても、自分の信念は曲げなかった」vol2

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今川 優馬 (JFE東日本)
今川 優馬(いまがわ・ゆうま)
  • 東海大四
  • ポジション:
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:176センチ84キロ
  •  

【関連記事】
第79回 社会人野球屈指のスラッガー・今川優馬(JFE東日本)の原点。高校時代の恩師の視点から今川の成長を語る 【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1135回 すべての過程をプラスにして。社会人屈指のホームランアーチスト・今川優馬が辿りついた打撃の答え【後編】 【2020年インタビュー】
第1095回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「信念を貫いた結果が社会人野球の舞台で開花する」vol.3 【2020年インタビュー】
第1094回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「監督に打撃スタイルを否定されても、自分の信念は曲げなかった」vol2 【2020年インタビュー】
第1092回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 【2020年インタビュー】
第931回 北海を食い止めるの南北海道勢はどこだ?北北海道では実力が拮抗し合う混戦模様!【北海道大会展望】【大会展望・総括コラム】
第60回 甲子園を湧かせた超スローカーブの使い手の「気遣い力」 西嶋 亮太(東海大札幌卒)【恩師が語るヒーローの高校時代】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第26回 東海大北海道【後編】「自分を知ることで、自分に合った個人練習を見つけられる」【先輩から学べ】
今川 優馬(東海大四) 【選手名鑑】
東海大四 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー