News

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.17


今井大輔、大島時代の大野幸乃進

北東北大学野球連盟に所属する青森大の新入生を紹介したい。昨年は春秋ともに3位、エース左腕・庄司 陽斗投手(聖和学園)がDeNAから育成4位指名を受けた。

田代 直也投手(札幌大谷)は130キロ後半の速球と縦の変化球のコンビネーションで勝負する本格派右腕。大野 幸乃進投手(大島)はソフトバンク・大野 稼頭央投手(大島)の弟で、130キロ後半の速球を投げ込む。

鈴木 颯夏捕手(青森山田)は正捕手として昨年、春季東北大会を経験。パワフルな打撃が魅力だ。牧原 寛汰内野手(日大藤沢)はソフトバンク・牧原 巧汰捕手の弟。伊藤 昊内野手(青森山田)は4番打者として活躍し、一発長打を秘める。

今井 大輔外野手(横浜創学館)は期待の大型外野手。早くも春のリーグ戦では1番レフトでスタメン出場を果たし、14日の岩手大戦では先制本塁打を放ち、鮮烈デビューを飾っている。青森大は近年、横浜DeNA・蝦名 達夫外野手(青森商)、広島・名原 典彦外野手(瀬戸内)の2人の大型外野手をNPBに送り込んでいるが、今井もそんな成長が期待される。

次のページ:【一覧】青森大野球部 新入生

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.18

【岩手】一関二、盛岡誠桜などが初戦を突破<春季大会>

2024.05.18

【関東】昌平・山根が2発5打点、東海大相模・4番金本が2ランなどで初戦を快勝、東海大菅生は山梨学院を完封<春季地区大会>

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.18

【東海】県立岐阜商、菰野、中京大中京、津田学園が4強入り<春季地区大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?