第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】2019年07月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]東妻純平が語るスローイング&ストッピングテクニック
[2]狙って打った本塁打は1本もない

 一年生から名門・智辯和歌山の正捕手としてセンバツ準優勝、ベスト8の大きな原動力となった東妻 純平選手。甲子園優勝、そしてプロも経験した新監督・中谷仁監督も下で才能を開花させ、捕手を初めてわずか二年あまりでドラフト候補にまで成長した。

 今年のセンバツでも打っては一回戦の熊本西戦ではホームラン、守っては準々決勝・明石商戦で二塁牽制アウトにする強肩を披露。捕手として三試合全てでマスクを被り、タイプの違う4投手を巧みにリードした。

 後編では、捕手としてのテクニックは勿論、バッターとしても一目置かれる東妻選手に打撃の極意を教えてもらった。

兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた 東妻純平(智辯和歌山)【前編】

東妻純平が語るスローイング&ストッピングテクニック



東妻純平(智辯和歌山)

 「遠投力は高校に入ってから20メートルほど伸びました」

 東妻の高校入学時の遠投力は106メートル。これでも十分、強肩の部類に入るが、2年強が経過した現在、遠投力は125メートルに到達。ホームベースからセンターに投じたボールはついにフェンスの向こう側へ届くようになった。

「キャッチボールの遠投の際、低いライナーのままノーバウンドで投げられる距離がどんどん伸びていきました。要因としてはトレーニングで筋力がついたことが一番大きいと思ってます」

 高校球界トップクラスと評されるスローイングは素早さと正確性を兼ね備え、二塁送球タイムの最速は1.84秒。

「正確でクイックなスローイングをおこなうために大切にしていることは?」という問いに対し、東妻は次のように答えてくれた。



まずは体の近くで捕球して(左)、右足を運ぶ(右)が東妻流ステップの方法

 「まずはミットの芯でしっかり捕ること。そして腕を伸ばして捕りにいかず、体の近くで捕ることが大切です。そしてボールが収まったミットの真下に右足を持って行く。体の近くで握り替えたボールは耳の方にひかず、その場所に置いておき、あとは体の回転で投げたら勝手に腕が振られてボールが飛んでいく感覚で投げています」



第2関節まできっちり地面につけ(左)、右手を後ろに添えてリラックスして猫背になること(右)が東妻のストッピングの極意

 ストッピングで大切にしていることについても尋ねてみた。

 「1番大事なのはストッピングの形を正しく作ること。ミットをはめた左手の第二関節までしっかり地面につけることで股の間を抜かれることがないようにし、右手はミットの後ろに置く。上体の力を抜き、少し猫背になると防具と自分の体に若干の空間ができるのですが、この空間があるとボールが吸収されやすくなり、下にボトット落ちるストッピングが安定して実行できるようになる。ボールが当たることによる痛みも緩和できます」

 あとはその正しい形を「早めに」作ることだ。

 「大切なのは準備。ぼくは変化球のサインを出した時はワンバウンドがくるものだと思うようにしています。実際にワンバウンド投球が来た時も『あ、ワンバウンドになってしまった!』ではなく、『よっしゃ! ワンバウンドが来た!』と思えることで形をスムーズに作れる。いくらいい形を作れても作るタイミングが遅れてしまうと、うまく前に落とせないので、心の準備は非常に重要なポイントですね」

【次のページ】 狙って打った本塁打は1本もない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

池田 陽佑(智辯和歌山)
東妻 純平(あづま・じゅんぺい)
  • 和歌山県和歌山市出身
  • 紀伊少年野球クラブ-智辯和歌山
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:172センチ76キロ
  •  
【関連記事】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1019回 149キロ右腕・池田陽佑(智辯和歌山)の原点。投手人生のスタートは13歳の誕生日から【前編】 【2019年インタビュー】
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
熊本西 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー