目次

[1]2人にライバルに揉まれながら取り組んだ中学3年間
[2]割れと前捌きの技術を極め、打撃開眼
[2]地道な守備の積み重ねがスーパープレーを生み出す


 今春のセンバツ出場を決めている明秀日立(茨城)でリードオフマンとして活躍している増田 陸選手。打っては、昨秋の関東大会で2試合連続ホームラン。守っては、遊撃手として守備の要を担う増田選手に、これまでの歩みをうかがった。

2人にライバルに揉まれながら取り組んだ中学3年間

 小学校1年から軟式の此花トライアルで野球を始めた増田選手。「元々はサッカーをやりたがっていたらしいのですが、父にサッカーだけでなく野球チームの見学にも連れて行ってもらい、その結果、野球を選んで始めることになりました」。小5の時にはピッチャーとなったがヒジを故障。それでも野球がやりたくて、「利き腕ではない左腕でボールを投げ、片手でバットを振っていた」という。それほど野球に熱中した増田選手は中学に上がると「硬式で野球がやりたい」という理由で大阪福島シニアに所属。ここで現在、早稲田実業でプレーする野村 大樹選手や大阪桐蔭中川 卓也選手とチームメートになった。

「2人は中1の終わりくらいに入ってきたのですが、体験入部の時のバッティング練習を見ていたら、スイングがすごくて『次元が違う。このままだと試合に出られなくなるな』と思いました」。しかも、その頃、ショートのレギュラーだった増田選手は中川選手とポジション争いをすることに。「当時の自分はバッティングが苦手だったので『とにかく守備で勝とう』と決心しました。それで、毎日、ノックを受けてものすごく練習し、最終的には自分がショートで中川はセカンドを守ることになったんです」。

 もちろん、バッティングも向上させた。「小学3年の時、足が速かったので左打ちにしたのですが、当てるだけのバッティングになっていて8番や9番を打つことが多かったんです。でも、野村のバッティングを見て『このままではやっていけない』と思い、元々、右打席で打った方が飛距離も出ていたので、右打ちに戻したんです」。
 こうして力強いスイングができるようになったことで1番打者を任せられるようになった増田選手は「野村と中川の存在は大きくて、いろいろと成長させてもらいました」と、当時を振り返っている。その後、別々の高校へ進むこととなり、「『甲子園で会おう』という話はしました。ただ、実力に差があったので、2人は自分のことなんて眼中になかったかもしれませんけれど(笑)、自分はライバル意識を持っていましたから」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。