第335回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手「主将としての重圧を乗り越えて」2015年11月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]天才肌に見えて、意外に理論派なところがある林中勇輝
[2]グラウンドでは自分らしいプレーを

 第46回明治神宮大会2日目。雨天の中、行われた敦賀気比vs創志学園の一戦は、山﨑 颯一郎髙田 萌生の好投手対決だった(試合レポート)。試合は敦賀気比打線が高田を攻略し、5対1で快勝。その口火を切ったのは同点打と3点目となる適時打を打った林中 勇輝主将だった。1年生の頃から活躍を見せてきた林中の素顔に迫る。

天才肌に見えて、意外に理論派なところがある林中 勇輝

林中勇輝(敦賀気比)

 近年の高校野球では勢いのある学校として注目される敦賀気比
2014年の主将は浅井 洸耶、2015年の主将は篠原 涼。そして今年のチームは、林中 勇輝

 浅井と篠原の2人を振り返ると、浅井は敦賀気比の野球部の気質自体を変えた男。以前の敦賀気比には、ガチガチの上下関係があり威圧感が漂うチームだったようだ。しかし浅井自身、先輩に可愛がってもらったことでプレーに集中できたという経験から、極力、上下関係の縛りを少なくし、グラウンド上では上下関係なく個性を発揮できるように進めてきた気配りができる選手である。

 篠原はファイターと形容したくなるような熱さと優しさを持った選手。抜群のキャプテンシーの高さU-18ワールドカップでは知れ渡った。どちらかというと篠原が「ザ・キャプテン」だが、浅井も野球部の体質を変えたという意味では、頼もしさを感じる。

 一方、林中はどうなのかというと口数は少ないが、プレーでチームを引っ張る、そんな男である。また話を聞くと、天才肌にも感じる。何か考えて打席に立っているのかと伺うと、「いや特に考えていないですね。配球とか考えると、余計な力が入って打てないので」とあくまで自分の感性に頼ったタイプ。その感性が研ぎ澄まれると、配球のパターンが読める時があるという。

「普段はあまり考えていないですが、たまに何球目はこのコースに来るだろうなという予感をするんですが、その時はたいがいそのコースに来ますね」と打ち返すところは何か天才肌なところを感じさせる。が、技術的な話になると、なかなか理論的になる。

「たとえば打撃で気を付けていることとは、打つ時、手と足が一緒に動かないと意識しています。そうなってしまうと、僕の場合、体が突っ込む形になりやすいので、先に足を動かしてから手を動かすことを意識します。その加減が難しいところです」と語ってくれた。なかなか理論派なところがあるが、基本的には感覚で勝負する選手といえるだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 グラウンドでは自分らしいプレーを

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

林中勇輝
林中 勇輝(はやしなか・ゆうき)
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ68キロ
  • 所属校:敦賀気比
  • ■選手名鑑
    林中 勇輝
【関連記事】
第44回 若狭(福井)「昨夏は決勝戦で敗退。あと一歩を乗り越え聖地に飛び込めるチームに!」【冬が僕らを強くする2019】
第570回 2019年の山梨学院は小倉清一郎氏の指導でどう進化していったのか?【野球部訪問】
第568回 山梨学院「心身を急成長させる長崎合宿はいかにして成り立つのか?」【野球部訪問】
第551回 慢心なき九州王者・筑陽学園(福岡)が危機感を持って駆け抜けた秋【野球部訪問】
第15回 明誠学院(岡山)「みんなキャプテン」という言葉をチームで意識する【冬が僕らを強くする2019】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
浅井 洸耶(敦賀気比) 【選手名鑑】
篠原 涼(敦賀気比) 【選手名鑑】
髙田 萌生(創志学園) 【選手名鑑】
林中 勇輝(敦賀気比) 【選手名鑑】
創志学園 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー