第313回 麗澤瑞浪高等学校 赤塚 瑞樹投手【後編】「この夏は両投げ投手としての集大成を見せたい」 2015年07月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

以下の記事もあわせてチェック!
【インタビュー】麗澤瑞浪高等学校 赤塚 瑞樹投手(前編)
【僕らの熱い夏】麗澤瑞浪高等学校

【目次】
[1]右で押して、左でかわす。左右で異なるピッチングスタイル
[2]最後の夏に両投げとしての完成形を披露する

 前編では両投げ投手誕生までの道のりについて描いた。だが、ただ両投げで投げるのと、両投げで投手として勝負するというのは全く次元が違う。その中で、赤塚投手はどう乗り越えていったのか、最後に、同世代の高校球児へ向けてメッセージをいただいた。

右で押して、左でかわす。左右で異なるピッチングスタイル

 ストレート主体で押しチェンジアップで仕留める右と、コントロール重視で変化球を交えながらかわすタイプの左。左右で投球スタイルは異なり、捕手・窪田 卓也(3年)も
「右の時はとにかくまっすぐで押したい時はテンポが良くなるように、左は変化球を使ってコントロールで打ち取るように」
というリードを心掛ける。

赤塚 瑞樹投手(麗澤瑞浪高等学校)

 球種は左右共通でスライダー、カーブ、チェンジアップの3種類。赤塚 瑞樹は左右の投げ分けについて
「基本的には右打者には右で、左打者には左で投げます。でもランナー一塁なら左の方が盗塁されにくいし、クロスファイヤーで打ち取りたい時、前の打席右でジャストミートされたバッターはタイミング変えるため左で投げたりいろいろ工夫しながらやっています」
と話す。

 打者からすれば非常にやっかいだ。相手投手の持ち球にカーブがあると分かっていても左右では軌道が逆になる。場合によってはネクストバッターズサークルで見た情報は全く当てにならない。マウンド上でスイッチすると初めて見る相手チームからは驚きの声が上がる。

 ただ、このレベルに達するまでには人並み以上の苦労もあった。
「右の方がすぐ力がついて左との差がついちゃうこともあったんです」

 その差を少しでも埋めようと食事の時は箸を左手で持ち、授業中ノートをとるのも制服のボタンを留めるのも左手を使う。努力の甲斐あってスピード、コントロール、牽制、フィールディングなど全ての面でレベルアップし、スライダーしか投げられなかった変化球も3種類にまで増えた。入学時に右10に対し6と言われていた左の評価は8にまで上昇。しかも右打者の膝元に決まるカーブは抜群のウイニングショット。右には無い左ならではの武器も身につけた。

 今春敗れた準々決勝の強豪・大垣日大戦では、右のまっすぐが走らずコントロールも悪く左を多用した。本来はコントロールに優れたタイプだが、この日は9四死球を与える苦しいピッチングで2対2の6回に押し出しなどで一挙に6点を失う。それでも
「左右でやっていることによってタイミングが合っていませんでした。大量失点の回以外は楽しかったです」
と両投げのメリットを生かし最後までマウンドに立った。

 春季大会後の練習試合では好投が続く。特に右のストレートの走りが良いという。冬場に左の球速が増したがこれでまた差が開く形に。この辺りをどう乗り越えるのか、どう利用するのか。お手本や明確な答えがほとんど無い両投げ投手は高いレベルでの課題と向き合っている。

関連記事
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 最後の夏に両投げとしての完成形を披露する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

赤塚 瑞樹
赤塚 瑞樹(あかつか・みずき)
  • ポジション:投手・外野手
  • タイプ:両投両打
  • ■選手名鑑
    赤塚 瑞樹
【関連記事】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第526回 【岐阜展望】波乱の秋から安定の春を経て、夏の激闘へ【大会展望・総括コラム】
第507回 【岐阜展望】伝統校、有力校が抜け出せず混迷状態のなか大垣日大がリード【大会展望・総括コラム】
第74回 美濃加茂高等学校(岐阜)【冬が僕らを強くする2017】
第429回 9月24・25日は準決勝のピーク!激戦カード一挙紹介!!【大会展望・総括コラム】
第312回 麗澤瑞浪高等学校 赤塚 瑞樹投手【前編】「両投げ投手誕生の道のり」  【2015年インタビュー】
赤塚 瑞樹(麗澤瑞浪) 【選手名鑑】
麗澤瑞浪 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー