赤堀颯(聖光学院)、山田陽翔(近江)、松尾汐恩(大阪桐蔭)、内海優太(広陵)

 22年もあと少し。今年の高校野球を盛り上げた選手たちをベストナインとして紹介する企画の今回は「高校野球的ベストナイン」。野球漫画のような活躍を見せるスター性を持った選手が多かった。

投手 山田 陽翔近江

捕手 松尾 汐恩大阪桐蔭

一塁手 内海 優太広陵

二塁手 市橋 昂士愛工大名電

三塁手 伊藤 櫂人大阪桐蔭

遊撃手 赤堀 颯聖光学院

外野手 赤瀬 健心下関国際

外野手 黒田 義信九州国際大付

外野手 浅野 翔吾高松商

 ドラフト的同様、高校野球的でも、やはり投手には山田を選出した。夏の甲子園でもクローズアップされる場面も多くありすぎた。甲子園での熱投、立ち居振る舞い、海星(長崎)戦での満塁本塁打と野球漫画の主人公のような活躍を見せた。幅広い世代から人気を得ているが、それも納得の選手である。

 捕手は松尾。ザ・エリートで、ここぞという場面で本塁打を放ち、1学年下の前田 悠伍投手(2年)にも大きく慕われるなど、性格もナイスガイ。松尾も野球漫画のエリートキャラみたいな立ち位置を持った選手だった。プロでも活躍を期待したい。

 一塁は内海。U-18代表の壮行試合、大学日本代表戦での本塁打にはしびれるものがあった。その後、国際大会でも中心打者として活躍した。

 もしプロ志望だったら、ドラフト的ベストナインにも入れるつもりの選手であった。高い打撃技術は大学でも発揮されることだろう。

 二塁手はいろんな好二塁手がいたが、今回は甲子園ベスト8に導いた市橋にした。ここぞという場面での打撃、好走塁、守備と、市橋がいなければ、今年の愛工大名電(愛知)は甲子園出場、ベスト8もなかったかもしれない。走攻守のスキルが全国トップクラスと判断して選出した。

 三塁手は伊藤だ。今年の大阪桐蔭(大阪)打線で、これほど頼りになった打者はいないだろう。高い打撃技術と、次々と塁を奪う走塁技術と、まさにトップバッターにふさわしい選手だった。

 激戦区の遊撃手だが、今回は聖光学院(福島)の赤堀にしたい。聖光学院が史上初のベスト4入りを実現したのは赤堀のキャプテンシーの高さがあったからと言っても過言ではない。これほど優しい人柄な選手が大人数の聖光学院をまとめていることに驚きを隠せなかった。多くの主将を見てきた齋藤監督も絶賛してきた赤堀。選手としても巧打、堅守が光り、U-18代表にも選ばれた。22年の高校野球を語る上で忘れられない選手として選ばせていただいた。

 赤瀬は多くの好投手を打ち崩してきた高いバットコントロールと抜群の走塁技術が光る好打者としてチームの夏甲子園準優勝に大きく貢献した。

 黒田はU-18代表にも選ばれた巧打俊足強肩の外野手。全国大会での活躍は目覚ましいものがあった。走攻守すべてにおいて高いパフォーマンスを発揮した。

 浅野は地元・香川が生んだスタースラッガーとしてそれにふさわしい活躍を見せてくれた。佐久長聖(長野)戦での2本塁打。近江(滋賀)・山田との名勝負と、今年の高校野球を大いに盛り上げてくれた。そして今年のドラフトでは人気球団の巨人から1位指名を受けるまでになった。

 ファンが選ぶMVPに選ばれたが、納得の選出だ。プロでも大打者になることを期待したい。

 今回の9人だけではなく、多くの球児が地方大会、甲子園を盛り上げてくれた。卒業する3年生はどのステージでも活躍することを期待したい。

(記事:河嶋 宗一