前田 悠伍選手 (大阪桐蔭)

前田 悠伍

球歴:大阪桐蔭

都道府県:大阪

ポジション:投手

投打:左 / 左

身長:180 cm

体重:81 kg

ボールスピード:149 km/h

学年:卒業

世代No.1左腕・前田悠伍の総合力はドラフト上位クラス。あとは上位指名確定となる決め手のある快投を!

 世代No.1左腕として注目される前田 悠伍投手(大阪桐蔭)。完成度が高い投手のため、他の投手よりも求められるものも高い。センスの高さは間違いなく一番で、マックスの投球は今年のドラフト上位候補に挙がる大学生左腕に匹敵する。

 大学生左腕はフィジカルやフォーム技術の強化で、150キロを当たり前に出せるようになっているが、駆け引きの部分や勝負度胸の良さでは前田が上回っている。

 ただ、今年に限ってはマックスの投球ができないままでいる。現状の投球内容をまとめたい。

直球の球速 常時130キロ後半〜145キロ

 球速が出にくいと言われる手持ちのスピードガンでも、ここ一番では140キロを連発し、しっかりと指にかかったときの直球はグッと伸びる球質で、回転数も高い。ただ、昨年は140キロ後半を出していた時もあり、スカウトとしても、そこに物足りなさを感じているところがあるのだろう。

チェンジアップ、スライダー 120キロ台

 カーブ、ツーシームも日によって活用するが、基本的に前田の変化球はこの2球種。チェンジアップは打者の手元で減速して、一気に落ちる変化で、空振りを奪うことができる。スライダーは高確率でストライクを奪うことができる。

・直球には切れがあり、打者を詰まらせることができる
・変化球は空振りが奪えるウイニングショットとカウント球がある
・一定以上の制球力の高さがあるため、少ない球数で済む
・マウンド度胸の強さは天下一品
・抜群の牽制技術

 前田の強みは上記のように、投球技術、勝負度胸の強さなど、なかなか習得できないスキルを有しているところである。制球難の心配もなく、これほどの高校生左腕はなかなかいない。NPBで活躍している左腕は前田のようなスキルが備わった投手である。

 それを考えると、ドラフト上位候補としてリストアップしている球団もあるだろう。ただ、1位もしくは2位として指名するには決め手となるパフォーマンスや大活躍した試合が必要だが、今年は現状、それがない。前田を推している球団、スカウトは1位になるに相応しい決め手となる試合をU-18代表の壮行試合や本戦で期待しているところだろう。

 技術、体調、ハートがすべて万全であれば、周囲を唸らせる投球ができると信じている。その姿をジャパンのユニホームで発揮してほしい。

 
更新日時:2023.08.28

<練習試合:高校日本代表2ー1早稲田大(7回制)>◇25日◇都内グラウンド

 甲子園の決勝を戦った慶應義塾(神奈川)と仙台育英(宮城)のメンバーは参加していなかったが、U-18W杯に出場する高校日本代表の初の対外試合が行われた。

 前日(24日)の全体練習で投球練習を行うも、まだ調整が必要と感じていた、世代No.1左腕・前田 悠伍投手(大阪桐蔭)の登板が果たしてあるのか。スカウトを含め報道陣も注目していたなか、前田は7回からマウンドに上がった。

 U-18W杯が7イニング制とあって、この日の練習試合も7イニングで行われたが、その最終回の7回から登板した。

 結果は1死から死球を与え走者を抱えるも、後続をしっかりと抑えて無失点に抑え、高校日本代表が早稲田大相手に2対1で勝利を収めた。

 引き続き、本大会でのタイブレークを想定しての攻防も行われ、8回表に高校日本代表が1点を勝ち越して迎えた8回裏も前田はマウンドに上がった。無死一、二塁から、犠打で1死二、三塁に。続く打者にはインハイの直球で詰まらせたかと思ったが、打球は伸び左越え本塁打となって試合が終わった。

 前田は「大事な場面で打たれたのは反省です。本戦に向けてしっかりと調整していきます」と力強く答えた。

 某スカウトは前田の投球に対して「やはり本調子を知ってる人からすれば非常に物足りないというところはあった。最後の本塁打を打たれたインハイの直球も、本来であれば空振りが取れていたと思う」と話す一方で「チェンジアップは素晴らしいものがあった」と評価した。

 前田が本戦でもチームを引っ張り、活躍することを期待したい。

更新日時:2023.08.26

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です