第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!2020年08月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

≪トーナメント表はこちら≫

 8月2日から開幕した千葉大会も決勝戦を迎える。決勝のカードは5年ぶり優勝を狙う専大松戸と2年ぶり優勝を狙う木更津総合のカードだ。2010年代の千葉を盛り上げてきた両校の対決は盛り上がりそうだ。夏では2016年以来の対決。4年前は木更津総合が勝利をしている。この試合も激戦になることは間違いない。そんな決勝戦の見どころを紹介したい。


戦国千葉2020を制するのは

 専大松戸はこの夏、チーム防御率1.05、チーム打率.373と投打ともに強力。中2日で登板を迎えるエース左腕・西村 卓真は防御率0.00と抜群の安定感を誇る。130キロ後半の速球とキレのあるスライダーを高低に投げ分ける投球は簡単に打ち崩せないだろう。右サイドで135キロを超える深沢 鳳介、威力ある速球を投げ込む杉嶋 健吾、130キロ中盤の速球を投げ込む右腕・平田 健眞が控えるが、西村の実力、木更津総合打線の相性を考えれば、終盤まで西村でいきそうだ。

 一方、木更津総合のエース・篠木 健太郎も21回を投げ、28奪三振、防御率0.43、K/BB14.00とスキが見当たらない。打率.526をマークしている左の好打者・菊地 優吾を筆頭に専大松戸の打者がどこまで食い下がることができるか注目である。木更津総合は1番・秋元俊太、3番・山中海斗、4番・斎藤匠。スタメン出場すれば5番を打つ篠木の4人が打線の鍵。機動力を絡めながら少ないチャンスをモノにしたい。

 両投手の実力を考えれば、ロースコアの投手戦が予想され、戦国千葉を制するにふさわしいハイレベルな戦いになることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
◆他の大会展望総括・コラムを読む
7月18日から開幕!滋賀県でも独自の大会開催が決まる
膳所、八幡商、彦根東など滋賀をリードしてきた伝統公立校たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
専大松戸vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
東京学館vs専大松戸【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
専大松戸vs千葉学芸【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1016回 復活の兆しを見せた専大松戸、躍進を見せ、ベスト4入りを果たした八千代松陰、市立船橋を総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム