第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?2019年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]第1試合 創価vs帝京
[2]第2試合 都立城東vs国士舘


  高校の部で神宮大会出場は東京都を残すのみ。東京都は度重なる雨天順延に悩まされ、幾度も日程変更を行い、平日に試合が組み込まれるなど苦労の跡が見えた。

 そんな東京都大会も9日に準決勝が開催される。今回は準決勝の展望を見ていきたい。

■開催期間:2019年10月14日~11月10日(予定)
試合日程・応援メッセージ
トーナメント表
■レポート一覧

第1試合 創価vs帝京



帝京・加田拓哉と創価・森畑侑大

今年の帝京は強打と堅守がウリのチーム。神宮第二ラストゲームとなった日大三に勝利し勢いに乗っている。

 まず投手陣では左腕エース・田代 涼太、技巧派右腕・柳沼 勇輝の2人が軸となり、打たせて取る投球を得意とする。打線はチーム打率.327、5本塁打を誇る強力打線。打線の中心は打率.385、1本塁打の主将・加田 拓哉、打率.455の小松 涼馬の2人がカギとなりそう。また今年は加田主将を中心にチームをまとめてきた。加田主将はピンチに強いチームになっていると手ごたえを感じている。

 一方、創価は投打ともに実力ある選手が揃った。最速145キロ右腕のエース・森畑 侑大は3試合23回を投げ、19奪三振、防御率1.57と抜群の安定感を誇る。

 打線は2本塁打、チーム打率.405を高打率を誇り、俊足の1番・島本 康平、投打でセンスが優れる石坂 大河、抜群の守備範囲を誇る都内屈指の遊撃手・谷藤 大二郎と能力が高い選手をそろえる。接戦にも強く、後半で突き放す試合運びを見せてきた。この夏は決勝戦で敗退。エース・森畑、河合 圭聖主将はリベンジに燃えている。

コメント
帝京加田 拓哉主将(2年・外野手)
 「今年は打撃の数は減ったのですが、捉えることを意識してやってきました。やはりピンチの場面で言い合える関係なので、ピンチに強い自分が出てきていると思います」
創価河合 圭聖主将(2年・内野手)
 「やはりいつも通り、焦らずに自分たちの戦いをしたいと思います。苦しい展開は上の大会(準決勝)にいけば予想されますが、それでも自分たちの野球を貫いて今年の夏の借りを晴らしたいと思います」

創価森畑 侑大(2年・投手・右投右打・183センチ73キロ)
「今年の夏、3年生が果たせなかった甲子園という夢。その悔しさの借りを返すつもりで神宮で戦っていきたいと思います」

【次のページ】 第2試合 都立城東vs国士舘

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1000回 9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る【野球部訪問】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム