第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】2019年02月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]戦力の充実が際立つ東海大菅生/井上、廣澤―日大三のハイレベルの2本柱
[2]平成元年の夏の覇者・帝京/秋は1次予選敗退チームにも注目の選手が

 今年も高校野球のシーズンが近づいてきた。東京では、3月2日に春季大会の組み合わせが決まる。どこのチームが春季大会で結果を残し夏へと自信をつけていくのか非常に楽しみな大会だ。今回は春季大会注目校、注目選手について紹介する。

戦力の充実が際立つ東海大菅生



左から杉崎成、小山翔暉、中村晃太朗、成瀬脩人選手

 まず気になるのが、国士舘のセンバツでの戦いだ。新年早々4番の黒澤 孟朗が骨折し、スタメンが微妙になるなど、悪材料もある。しかし永田昌弘監督は、1993年のセンバツでは前評判が低くても準決勝に進出した。ベテラン監督の手腕と、選手の成長を期待したい。

 秋季都大会決勝戦で敗れセンバツ出場を逃したものの、東海大菅生は出場していれば上位に入る力は十分あった。

 昨年末に行われた東京代表のキューバ遠征には、中村 晃太朗小山 翔暉成瀬 脩人の3人が選ばれた。中村晃は、球速は140キロに達しないものの、球威はあり、変化球も多彩だ。

 捕手の小山は、動作が素早く強肩。3敗1分けで迎えたキューバ遠征最終戦では、決勝の2ランを放ち、東京代表に貴重な1勝をもたらした。外見が大阪桐蔭からロッテに入った藤原 恭大に似ている成瀬は、守備範囲が広く、長打力のある遊撃手だ。小山も成瀬も、年末まで木製バットを使っていたので、打撃の正確さが増した。

 東京代表に選ばれなかったが、杉崎 成も東京屈指の強打者だ。加えて、負傷により秋季大会には出場していないが、打力のある外岡 空也も外野の一角に加わりそうで、チーム内の競争も激しい。現時点の戦力は、夏の甲子園で準決勝に進出した3年前を上回る。

井上、廣澤―日大三のハイレベルの2本柱



廣澤優と井上広輝の2本柱

 昨夏の甲子園大会に出場した日大三二松学舎大附であるが、秋季都大会では、日大三1回戦で、二松学舎大附3回戦で敗退している。それでも、夏の経験者が多く残り、注目のチームであることに変わりはない。

 日大三には井上 広輝廣澤 優の両投手に、捕手の佐藤 英雄のバッテリーが残った。昨夏の時点で、井上は150キロ、廣澤は148キロの速球を投げている。廣澤は身長が189センチ。長身の選手は育成に時間がかかることを考えれば、廣澤も150キロを超える可能性は十分で、ハイレベルな2本柱からは、目が離せない。

 二松学舎大附は、チームの中心選手がほとんど残った。特に東京代表に選ばれた野村 昇大郎右田 稜真の外野手に、身長198センチの秋広 優人を加えた打線は強力だ。今年の東京は捕手に逸材が多いが、送球の鋭さでは東海大菅生の小山とともに、山田 将義が双璧を成す。秋季都大会東海大菅生戦は、秋季大会とは思えないレベルな高い試合であった。

【次のページ】 平成元年の夏の覇者・帝京/秋は1次予選敗退チームにも注目の選手が

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第201回 【BIG5特集】井上広輝(日大三)は男気溢れる豪腕だ!背負える大エースへ!【ドラフト特集コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第988回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
日大三vs美来工科【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs関東一 2【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs関東一【2019年 練習試合(交流試合)・春】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
岩倉 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
工学院大附 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立小平西 【高校別データ】
成蹊 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大高輪台 【高校別データ】
都立高島 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム