最後まで主導権を握った目白研心!玉木-山田のバッテリーが大金星を呼び込む!



本塁打に沸く目白研心ナイン

 2年連続優勝に期待がかかる日大三。今年も投打で逸材を揃えるチームだが、どんなに力があるチームでも一番難しいのは初戦である。その法則がはまった試合にもなった。

 日大三の先発は平野 将伍(2年)。140キロ後半の速球を投げる投手として注目されるが、実戦の経験は少ない。なぜ少ないのかといえば、やはり制球力だといえる。187センチ92キロと体格だけ見ればドラフト候補。しかしそれを使いこなせない。ステップ幅が狭く、上半身主導といっても、胸をしっかりと張れず、真上から振り下ろすことができたフォームではない。縮こまった腕の振りになっている。

 そのため常時131キロ~138キロのストレートは定まらず、立ち上がりから四球。無死満塁のピンチを招き、4番・山田瑞起(2年)にストレートをとらえられ、走者一掃の適時二塁打を打たれ、いきなり3点の先制を許す。平野は一死しか取れず、降板。

 先制打の山田は「ストレートを狙っていたのでしっかりと打てて良かったです」を胸を張った。

しかし1回裏、日大三は二死一、三塁から5番柳舘 憲吾(1年)の右前適時打で1点を返し、6番塚越 楓太(2年)が高めのボールをとらえレフトを破る二塁打で二者生還し、すぐさま同点に追いつく。

 日大三は2番手・小川 敦星(2年)。平野とは対照的に171センチ64キロと細身の体型。右サイドから常時128キロ~132キロの速球、110キロ台のスライダー、100キロ台のシンカー、110キロ前後のチェンジアップと球種は多彩。いずれもストライクが取れて、横の変化、高めのつり球でバリエーションは広く、ストライク先行できるのが強み。日大三では珍しい右サイドハンドの技巧派だが、試合をしっかりと作れる好投手である。

 日大三はこれで波に乗れるかと思われたが、目白研心の先発・玉木 結大レアンドロ(2年)が粘り強いピッチング。背番号1の速球派・靏我 祐季(2年)が控えるが、変化球の精度の高さを評価されて玉木が先発となった。

 下半身主導のフォームから繰り出す直球は常時125キロ前後ぐらいだが、110キロ前後の曲がりが鋭いスライダー、100キロ前後の曲がりの大きいカーブに日大三打線はことごとく空振りを繰り返し、追加点を奪えない。

 また、目白研心バッテリーは変化球を生かす意味でもストレートを内角へ突くピッチングを見せ、工夫を見せていた。リードする山田は「変化球を生かす意味でも内角ストレートを投げることがとても重要でした」と語るように玉木はその要求にこたえ、勝ち越し点を与えなかった。
 とても嫌な流れの中、目白研心は5回表、二死一、二塁の場面で、打席に立ったのは4番山田。山田が高めに入ったスライダーを逃さず勝ち越し3ラン。「最初スライダーを空振りしたので、もう1球投げてくるかなと思ったのですが、スライダーが甘く入ってくれて。本当に上手く打てました」と振り返る高校通算第3号本塁打は、試合の流れを大きく呼び込む大きな一打であった。