優勝候補同士の緊迫の投手戦!東海大菅生、石井の犠飛で勝ち越す



東海大菅生・中村晃太朗

 優勝候補同士が早くも3回戦で激突した。ともに強力打線の両チームだけに、「点の取り合いになると思っていました」と東海大菅生の若林弘泰監督が言うように、打ち合いが予想された。

 しかし、東海大菅生中村 晃太朗二松学舎大附海老原 凪と、ともに湘南ボーイズのチームメートであった先発の左腕が、「中学の時、同じチームだったから、絶対に負けなくなかったです」と、東海大菅生の中村が言うように、2人が火花を散らした、白熱の投手戦になった。

 1回表二松学舎大附は、今大会当たっている右田 稜真が三振するなど三者凡退で終わった。東海大菅生ベンチは、これで手応えを感じた。しかし二松学舎大附の海老原も、東海大菅生の強力打線に対し、5回までは1安打1四球に抑えて、付け入る隙を与えない。

 まず先制のチャンスをつかんだのは、二松学舎大附であった。6回表この回先頭の9番、好投の海老原が中前安打で出塁すると、1番・野村昇太郎のバントは内野安打になった。

 しかし続く有馬 卓瑠が初球を見逃すと、二塁走者の海老原が飛び出しており、東海大菅生の捕手・小山 翔暉の素早い牽制で刺された。二塁走者が投手ということもあったが、小山は肩が強いうえに、送球の動作が素早かった。

 二松学舎大附はチャンスがついえたかと思われたが、有馬の打球は、右翼への低い打球。東海大菅生の右翼手・石井拓夢がダイレクトで捕球したか微妙であったが、判定はノーキャッチで、二塁打となり一死二、三塁。

 3番・右田の二ゴロで野村が生還し待望の1点を挙げた。ただ、小山が二塁走者を刺したこともあり、二松学舎大附の得点が1点止まりであったことが、東海大菅生にとっては幸いした。

 二松学舎大附・海老原の好投で、攻撃の糸口を見いだせないでいた東海大菅生であったが、7回裏この回先頭の3番・小山が四球で出ると、4番・杉崎 成の中前安打、5番・成瀬 脩人の左前安打と続き、同点に追いつく。さらに6番・中村 洸星の送りバントで二死二、三塁とした後、6番・石井がしっかりと右犠飛を打って、東海大菅生が一気に逆転した。

 2回戦の桜美林戦では、四死球を多く出し、不本意な投球であった東海大菅生中村 晃は、「前回、情けないピッチングをしたので、この1週間、しっかり調整してきました」と語るように、伸びのあるストレートに、カーブ、スライダーなどの変化球を効果的に決めて、二松学舎大附打線を抑える。中村 晃の好投とともに、この試合では、捕手の小山のリードも光った。

 「今日は褒めました。これまではバッターやピッチャーを見ないで、ワンパターンのリードをしていました」と、東海大菅生の若林監督は語る。