第572回 U-18代表20名を徹底考察!起用法・オーダーも考案!2017年08月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]実は今年も投手のレベルはハイレベル
[2]今年は高校生野手ビッグ4がいるのが最大のウリ
[3]高校野球ドットコムが考える予想オーダーを紹介!


左から安田尚憲(履正社)、増田珠(横浜)、清宮幸太郎(早稲田実業)、中村奨成(広陵)の野手ビッグ4に注目だ!

 20日、日本高野連は9月1日に開催されるカナダ・サンダーベイで開催される「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する高校日本代表チーム20名を発表した。

 今回は20名たちの紹介と選手たちの能力を引き出す起用法、そして予想オーダーを考えてみた。

実は今年も投手のレベルはハイレベル

 昨年アジア制覇したU-18代表の投手陣は史上最強の顔ぶれだった。一方、今年はドラフト的には去年より劣るといわれるが、選ばれた顔ぶれを見ると、それほど見劣りしない。過去の日本代表と比べてもハイレベルな投手が揃っており、十分に世界で戦えるだけの投手陣となっている。

投手 8名

11 清水 達也花咲徳栄)3年
13 川端 健斗(秀岳館)3年
14 三浦 銀二(福岡大大濠)3年
15 山下 輝木更津総合)3年
16 櫻井 周斗(日大三)3年
17 磯村 峻平中京大中京)3年
18 徳山 壮磨(大阪桐蔭)3年
19 田浦 文丸秀岳館)3年

 前日の「高校野球ドットコムが選ぶU-18代表 精鋭20人を発表!」でも先発型として期待していた三浦 銀二徳山 壮磨山下 輝川端 健斗がしっかりと選ばれた。この4人がローテーションで回していくことになりそうだ。三浦は回転数が高い140キロ中盤のストレートを内外角に投げ分け、スライダー、チェンジアップを巧みに使い分ける本格派右腕。ストレートのコマンド能力が高いので、アメリカといった強豪国に投げさせるならば三浦。日本のエースとして期待したい右腕だ。

 徳山は140キロ中盤を計測し、回転数が高いストレート、130キロ台の高速スライダーは超高校級。フォーム技術を見ても開きが遅く、オーバーフェンスになるようなゾーンには投げさせない巧さがあり、今年の甲子園では、智辯和歌山戦に先発した徳山は二桁安打打たれながらも1失点に抑える粘り強さを見せた。そういう精神力の強さは頼もしい。

 山下は千葉大会で魅せた常に140キロ中盤の速球を投げ込む速球能力、130キロ中盤のツーシーム、スライダーの投げ分けができれば、かなりの活躍が見込める。山下はまずコンディションの調子を整えることが先決だろう。

 川端は、左腕から140キロ中盤の速球、切れのあるスライダー、チェンジアップ、カーブを低めに集めることができる投手で、イニング通して、安定したピッチングが期待できる。先発として十分な活躍が期待できそうだ。

 中継ぎは磯村 峻平田浦 文丸の2人に期待したい。磯村は、左スリークォーターから140キロ前半のストレート、スライダー、チェンジアップを投げ分けができる技巧派左腕。調子の波が少なく、国際大会では重宝したくなる投手。状況によって先発、中継ぎも使い分けることができる投手だ。田浦は甲子園では調子を落としてしまったが、熊本大会で魅せた140キロ後半の速球と落差抜群のチェンジアップが復活するのか?それに近いピッチングをすることが日本の世界一のカギとなる。

 そしてクローザー枠では、清水 達也花咲徳栄),櫻井 周斗の2人でスタンバイ。清水は甲子園唯一の150キロ右腕。コンスタントに145キロ前後のストレートを投げられる投手だが、130キロ台のスプリット、130キロ前後のスライダーの切れも悪くない投手。ただ制球を乱しやすい傾向にあるので、そこが懸念材料だろう。そして櫻井は140キロ後半の速球に、対戦した打者の誰もが「消える」と表現する縦スライダーは世界の舞台でも、かなり脅威となるだろう。

 その櫻井の能力を最大限に発揮するには起用法が重要となる。日大三の時では先発だが、試合中盤になるとスタミナ切れになり、甘い球が増えてボールの威力の割に打ち込まれることが多かった。短いイニングで集中させたほうが櫻井のためになるだろう。クローザー・櫻井は世界一の大きな切り札になることは間違いない。

【次のページ】 今年は高校生野手ビッグ4がいるのが最大のウリ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第794回 東邦の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会!来春に伸びてくる実力校とは?【大会展望・総括コラム】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
目白研心vs日大三【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東邦vs中京大中京【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第750回 日本必殺の左のスペシャリストへ!板川佳矢(横浜)が期待できる理由 【2018年インタビュー】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
磯村 峻平(中京大中京) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
徳山 壮磨(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
増田 珠(横浜) 【選手名鑑】
丸山 和郁(前橋育英) 【選手名鑑】
三浦 銀二(福岡大大濠) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム