第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側2020年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]春のセンバツについて
[2]夏の沖縄大会決勝vs宮國椋丞

 今から10年前の2010年、史上6校目となる甲子園春夏連覇を成し遂げた興南高校。その押しも押されぬ大エースが島袋 洋奨氏だ。2010年の選抜高等学校野球大会、九州地区高校野球大会、全国高等学校野球選手権沖縄大会、全国高等学校野球選手権大会、国民体育大会高等学校野球大会硬式の部(雨により2回戦第3、第4試合以降の試合が中止)の5つの大会で無敗のまま終えた興南高校と島袋 洋奨氏。その本人から、甲子園での話を伺った。

春のセンバツについて



インタビューに答える島袋 洋奨さん

 島袋 洋奨氏「一回戦の関西戦に勝つことに対しては、非常に力が漲っていましたね。」

 前年2009年にも春夏と連続して甲子園出場していた島袋 洋奨氏。9回まで富山商をゼロ封に抑え19奪三振をマークしても、7回までに3点を奪い、明豊今宮 健太(ソフトバンク)をマウンドから引きずり下ろしても、勝利はついてこなかった。

 島袋 洋奨氏「勝っていくに連れてチームの調子も上がってきて。特段苦しくは無かったのですが、敢えて言えばやはり春の決勝戦ですかね」

 興南高校初優勝が懸かった決勝。対日大三高戦は、6回を終えて5対5の同点。緊迫した展開だが、7回以降の島袋 洋奨氏は別人のように日大三高打線を抑えていく。後半6イニングで強打の日大三高に許したヒットは僅か1本。延長12回に2点を奪い、見事センバツ初優勝を成し遂げた。

 島袋 洋奨氏「一年前の春と夏の2試合で、僕は終盤に失点を重ねていた。帝京高校戦、大垣日大戦と違い緊迫する展開になったからこそ、それまでやってきたことが出るぞと」

 終盤での不甲斐なさを自分で感じていたら島袋 洋奨氏。それじゃ何が自分に出来るだろうと思えば思うほど、投げ込みと走り込みしかないじゃないかと行き着いた。

 島袋 洋奨氏「そこを重点的にやってかきた成果が、決勝の後半のピッチングに出たのかなとは思います」

【次のページ】 夏の沖縄大会決勝vs宮國椋丞

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第164回 2021年は4校の躍進に期待!沖縄の高校野球を沸かせる注目校を紹介!【高校野球コラム】
第162回 【2021年注目選手】沖縄を代表する名門・沖縄尚学・興南に現れた2人の逸材投手とは…【高校野球コラム】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1028回 横綱・沖縄尚学、大関に沖縄私学四強 2021年沖縄高校野球を大胆予想【大会展望・総括コラム】
沖縄尚学vs沖縄水産【沖縄県 2020年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
具志川商vs興南【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム