第7回 アマチュア野球に進んだ昨年の18U日本代表の現在は?2015年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]東京六大学でプレーする森田 駿哉、小島 和哉の両左腕は1年春から活躍
[2]岸、岡田など東都に進んだ選手たちと関西で野球することを選んだ選手たち

 前回に引き続き、2014年の18U日本代表の現在の活躍を振り返る。今回は、大学野球、社会人野球に進んだ選手たちをピックアップした。

東京六大学でプレーする森田 駿哉、小島 和哉の両左腕は1年春から活躍

森田 駿哉【2014年 近畿大との強化試合】

森田 駿哉
富山商エースとして活躍した森田は、法政大学に進学。すると、いきなり東京六大学野球の開幕戦で開幕投手を任された。結果は6回4安打無失点の好投で斎藤 佑樹以来、8年ぶり3人目の1年春開幕投手勝利の記録を作った。春季リーグ戦を終えて、7試合に登板、30イニングを投げ、1勝2敗、防御率3.60の記録を収めている。秋以降、更なる活躍に期待したい。

小島 和哉2014年インタビュー
浦和学院のエースとして活躍した小島 和哉。現在は早稲田大に進学し、東京六大学野球で野球を続けている。春季リーグ戦が終わり、6試合に登板し、3勝0敗。21回と2/3を投げ、防御率1.25という好成績を残している。リリーフとして活躍しているが、リーグ最終戦では初先発として登板。7回6安打2失点、さらには11奪三振の好投を見せた。また1年生ながら大学選手権優勝を経験し、高校、大学を通じて日本一を経験している選手でもある。

吉田 有輝
高校時代は履正社の3番・遊撃手で、攻守の要として活躍した吉田 有輝は、現在、明治大野球部に所属している。春季リーグ戦では3試合に出場したが、未だ0安打となっており、本来の力を発揮できずにいる。攻守ともに非凡な才能があり、ぜひ秋の舞台ではその才能を発揮してほしい。

峯本 匠2014年インタビュー
俊足好打の二塁手として、大阪桐蔭甲子園優勝に貢献した峯本 匠。卒業後は、立教大に進学し、東京六大学野球にて選手を続けている。春季リーグ戦では4試合に出場するも、未だヒットは出ていない。現在は三塁手として、レギュラー獲得のために日々練習に励んでいる。

岸、岡田など東都に進んだ選手たちと関西で野球することを選んだ選手たち

岸 潤一郎2013年インタビュー 2014年インタビュー
拓殖大に進学し、東都一部リーグにて活躍中。昨年の甲子園を投打で沸かせた岸であるが、大学野球においても二刀流を貫く。春季リーグ戦では、開幕から指名打者としてスタメン入り。さらに、5月6日の亜細亜大戦では、投手としてマウンドにも上がり、3回を1安打2三振1失点に抑える活躍を見せる。今後も二刀流として活躍していくのか、はたまたどちらかに絞るのか。東都リーグをさらに盛り上げる起爆剤となることに期待がかかる。

山城 大智2014年インタビュー
沖縄尚学から亜細亜大へ進学した山城 大智。未だ東都リーグにて登板機会はないが、今後の活躍に期待がかかる。沖縄から亜細亜大に進学しNPBへとステップアップした選手としては、福岡ソフトバンクホークスで活躍する東浜 巨関連記事選手や、横浜DeNAベイスターズの嶺井 博希選手などもいるため、将来NPBへの躍進が楽しみな選手である。

注目記事
・第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ特設ページ
・【8月特集】打撃力アップ
・2015年秋季大会特設ページ

この ページのトップへ

【次のページ】 岸、岡田など東都に進んだ選手たちと関西で野球することを選んだ選手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1095回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「信念を貫いた結果が社会人野球の舞台で開花する」vol.3 【2020年インタビュー】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第97回 履正社 (大阪)編「大阪桐蔭に並ぶ強豪校となった履正社のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第964回 憧れの先輩に追いつき、そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
安里 健(沖縄尚学) 【選手名鑑】
岡田 耕太(敦賀気比) 【選手名鑑】
小島 和哉(浦和学院) 【選手名鑑】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
岸田 行倫(報徳学園) 【選手名鑑】
徳本 健太朗(龍谷大平安) 【選手名鑑】
峯本 匠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
森田 駿哉(富山商) 【選手名鑑】
安田 孝之(明徳義塾) 【選手名鑑】
山城 大智(沖縄尚学) 【選手名鑑】
吉田 有輝(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム