この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
【8月特集】打撃力アップ
いよいよ新チームが始まって、守備や走塁に取り組んでいるチームも多いかと思いますが、夏の間に個々で伸ばしておきたい『打撃力』を今月は特集します!プロ野球選手で強打がウリのあの選手に直撃インタビュー!また、今話題のスイングチェックが出来るシステムなども紹介!

達人から教わる打撃

  • 新井良太(タイガース)
    【8月10日公開】新井良太(タイガース)

    広島東洋カープの新井貴浩選手の弟として注目され、2005年に中日ドラゴンズ入りすると、阪神移籍2年目となった2012年に11本塁打を放ち、ブレイク。2013年も13本塁打を放ち、スラッガーとしての階段を上っている。今回は新井良選手の長打力の秘密を探ってみた。(続きを読む)

  • T-岡田(オリックス)
    【8月29日公開】T-岡田(オリックス)【前編】【後編】

    昨シーズンは、4年ぶりの20本塁打を記録。2010年には本塁打王も獲得しているT-岡田選手に今回はたっぷりと打撃に関する「T-岡田流の考え方」そして、球児たちへのアドバイスを伺いました。ヒントになる答えが満載のインタビュー!

おすすめ練習法

  • 話題の”スイングトレーサー”を活用した練習法
    話題の”スイングトレーサー”を活用した練習法

    ミズノ社から新たに発売された、『スイングトレーサー』。この装置を使うことで、バッティングに関して、今まで可視化できなかった数字や軌道の分析が可能となり、打撃における上達をサポートしてくれると今、話題となっている!今回は、このスイングトレーサーを使って、実際にどんな練習効果があるのかをプロ選手が実験!

夏の大会から学ぶ「打撃論」

  • 小関順二が見た好打者から説く
    【8月11日公開】小関順二が大混乱となった大阪桐蔭vs履正社から「見逃し率」に迫る!

    7月の大阪大会1回戦で実現した大阪桐蔭vs履正社のゲームからみえた「初球」に関する考え方。履正社の驚異の初球打ち、そして大阪桐蔭の見逃しの少なさ。早いカウントから打っていかないと相手の好投手は打ち崩せないということを存分に知らしめた一戦。今回は、この試合から「初球の重要性」を紐解いていく。

第97回全国高等学校野球選手権大会
2015年秋季大会
「野球ノートに書いた甲子園 3」

このページのトップへ