第18回 2018 年人気記事ランキング 1位は実力もルックスも兼ね備えた大型二塁手!独立リーグの選手2名がランクイン!【インタビュー編】2018年12月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]まずは5〜3位を発表!
[2]人気記事1位に輝いたのは?!1、2位発表!

 高校野球ドットコムでは今年も全国津々浦々の高校野球情報をお届けしてきました。
 そこで毎年恒例となりました、高校野球ドットコム 人気記事ランキング。今回は2018年に公開したインタビュー記事の中から人気が高かった5つのインタビューを紹介します!

まずは5〜3位を発表!

第5位
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】

  第5位は岐阜の二刀流・中神 拓都選手(市立岐阜商)。
 高校通算46HRの多くが逆方向という中神選手の打撃の極意を伺ったインタビュー前編(続きを読む)最速146キロ右腕としても活躍するなかで四刀流の考えにも迫ったインタビュー後編(続きを読む)。2本とも必見!


第4位
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」

 第4位は谷田 成吾選手(徳島インディゴソックス)。慶應義塾ー慶応義塾大学ーJX-ENEOSと名門を歩んできた谷田選手がNPBへの思いを語ったインタビューした記事がこちら。(続きを読む)


第3位
第664回 徳島インディゴソックス・岸 潤一郎 独占インタビュー 僕が徳島で「プレイ」する理由

 第3位も徳島インディゴソックスでプレイする岸 潤一郎選手。一度野球から離れるも四国アイランドリーグでのプレイを選択した理由に迫ったインタビュー記事はこちら。(続きを読む)

このページのトップへ

【次のページ】 人気記事1位に輝いたのは?!1、2位発表!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1109回 大学生ナンバーワン左腕・早川隆久(早稲田大)が直球、変化球を投げるポイントを徹底解説! 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
徳山 壮磨(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中神 拓都(市立岐阜商) 【選手名鑑】
谷田 成吾(慶應義塾) 【選手名鑑】
山田 健太(松江商) 【選手名鑑】
山田 健太(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
市立岐阜商 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム