第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」2017年09月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 9月8日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ7日目。決勝進出を目指して望んだカナダ戦は逆転負けとなった。次の韓国戦では勝つことが大前提。今回は韓国戦へ向けてのキーマンを紹介。今回は中村 奨成広陵)だ。甲子園で残した数々の打撃記録。求められるのは豪快な打撃。その打撃ができず、苦しんでいたが、ようやく復調の兆しが見えている。

大藤コーチから受けたアドバイスとは?

中村 奨成(広陵)

 甲子園の活躍を見れば誰もがU-18でも活躍することを願うだろう。しかしU-18の大会が開幕すると、手元で微妙にボールを動かす海外投手の対応に苦しみ、一次ラウンドでは11打数1安打と自分の持ち味を発揮できなかった中村。そして6日の公式練習を見ると、大藤敏行コーチからマンツーマンで指導を受ける中村の姿があった。教わったことは「間の取り方」と「ボールの見方」だ。

「指摘されたのは、間合いの取り方です。良い間合いの取り方ということで、甲子園時の映像を大藤コーチから見せてもらいまして、それをイメージして打撃練習をしました。そしてボールの見方が悪かったので、それも修正しました。それをしないと、自分のスイングができないのでそこは意識して、取り組みました」

 大藤コーチの指導により、中村の打撃練習は非常に良く、本当に打撃不振に苦しんでいる選手なのか?と思うほど打球が鋭い。坂本勇人のようにバットを持つ位置を高く取り、インパクト後、フォロースルーが大きいスイングから、両翼101メートル、中堅122メートルのcentralで、さく越えの本塁打を放った。右打者で中村と同じくらい飛ばせる選手はいなかった。やはりスラッガーとしての素質は高い選手であり、首脳陣がなんとしても復調を願いたいというのが、観てて伝わる。中村も練習で本塁打を打ったことについて「自分でも納得がいくスイングです」を振り返った。

 迎えたスーパーラウンド。オーストラリア戦では無安打に終わったが、カナダ戦。第1打席からセンターへ鋭い飛球。フライアウトとなったが、久々に中村らしい当たりを見せた。そして第3打席目は久々のセンター前ヒット。この日は凡退でも中村自身、「内容は悪くなかったですし、自分の課題としていたタイミングの取り方だったり、ボールの見極めもできていたと思います」と振り返る。だが、チャンスの場面で打てなかったことを悔やんだ。

「そこは反省点ですし、韓国戦ではチャンスの場面で打てることが大事となってきます。打撃はヒットの内容は良かったと思いますが、それでもまだ修正すべきところがあるので、しっかりと反省をしてやっていきたいと思います」

 次の試合へ向けての課題を話した中村。しっかりと前を見据えている。捕手として出たい思いはありながらもチームの一員として、声を出し、アドバイスなどを送った。負けられない戦いが続く中、中村にかかる期待は大きい。この夏の甲子園。広陵の躍進は中村の本塁打から始まった。初戦、中京大中京戦、6回表、2点ビハインドからライトへ甲子園初アーチ。そこから逆転劇。中村が打てば、チームは良い意味で大きく変わる。それができるのは、限られた選手しか備わっていない素質である。

 最大で残り2試合。世界一への道はかなり険しいものとなった。しかし中村ならばやってくれるはず。奇跡を起こす一撃を期待したい。

(取材/文・河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村奨成
中村 奨成(なかむら・しょうせい)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • ■選手名鑑
    中村 奨成
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第121回 今夏の甲子園大会で印象に残った試合とは??【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第11回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー