第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】2018年06月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]キレのある真っすぐで真っ向勝負
[2]全国クラスからの刺激
[3]四刀流で挑む夏

 前回までは主将としての苦労、そしてバッティングをメインに話を聞いてきた。今回は最速146キロを誇るピッチング、岐阜センバツや関東一などの高いレベルから受けた刺激、最後に夏への意気込みを伺った。

キレのある真っすぐで真っ向勝負


ピッチング練習をする中神拓都(市立岐阜商)

 打っては46本のホームランを積み重ねている中神 拓都。そのバッティングに注目が集まるが、投げては最速146キロを投げる剛腕でもある。そんな剛腕を支えているのは、指先だった。

 「無駄な力を入れてもいいボールはいきません。ボールに勢いをつけるには、リリースの時にいかに指先に力を加えるか」と考える中神。そのためにウエートトレーニングではリストを鍛え、ボールに対して強く押し込めるように鍛えた。その結果、ボールのキレも増してきた。

 これも中神の狙い通りだった。「自分はただの速いストレートではダメだと思っています。大切にすべきはキレだと思っています」。だからこそ、リストの強化を図ったのだ。

 ただ、修正すべき課題も抱えている。それは腕の振り方である。「体の開きが早いので、腕が横振りになりがちです。そのせいでボールの回転が悪くなるだけでなく、コントールも安定しない。良いことは何もないです」と話し、この課題に対して真正面から向き合っている。

 意識しているのは、グローブを持った腕だ。「腕を縦振りさせたいのですが、それは利き腕だけではなく、グローブの方の腕もしっかり縦回転させることで縦振りを体に染み込ませています」。

 こうした意識を持って普段の練習に取り組んでいる中神だが、どんな投手を理想としているのか聞いてみると、福岡ソフトバンクホークスの五十嵐亮太投手の名前を挙げた。MLBも経験した剛腕の心構えを参考にしていると話す。

 「勝負はやる前から逃げてはいけないと思っています。だからこそ相手に向かっていく強気なピッチングで、ストレート中心に投げていきたいと思っています。」

 五十嵐選手のような気迫あふれるピッチングの姿に心揺さぶられている中神。これから迎える夏では、その強気が必要不可欠である。グランドで見せる闘志あふれるプレーに期待せずにはいられない。

【次のページ】 全国クラスからの刺激

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中神 拓都
中神 拓都 (なかがみ・たくと)
  • ポジション:投手・遊撃手
  • タイプ:右投左打
  • 市立岐阜商
【関連記事】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 山口が生んだ大砲・前田健伸(山口東リトルシニア)が打ち破った中学野球の壁 【2019年インタビュー】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第828回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第827回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
中神 拓都(市立岐阜商) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野尻 幸輝(木更津総合) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
市立岐阜商 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
関商工 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー