News

1500人近くの中学生が肩肘検診を一斉に受ける!ポニーのお祭り行事・ポニーフェスタは今年も大盛況!

2024.05.04


ベースランニングで優勝して喜ぶ江東ライオンズの選手たち

2023年にポニー(U-14)代表をはじめ、3つカテゴリーでワールドシリーズ制覇の快挙を成し遂げた日本ポニーベースボール協会。2024年は協会創設50周年の節目ということもあり、様々な取り組みが予定されている中、3日に毎年開催しているポニーフェスタを開いた。

途中、1年生大会の開会式を入れながら、朝7時半より肩肘検診やベースランニング、午後からボール回し競争などを実施。1日かけて関東連盟に所属するポニーリーガー1500人近くの選手が懸命にプレーした。

ボール回しの様子

参加した選手からは「初参加ですが、ボール回しなどで競争できると聞いていたので楽しみにしていました」と心待ちにしていた選手もいれば、「自分たちにとってはお祭りなので楽しいし、こういうイベントは嬉しい」といった声が聞こえてきた。選手たちのモチベーションになっていることは間違いないが、全選手が受けた肩肘検診も忘れてはならない。

本来はポニーリーグ全体を盛り上げるのはもちろん、この肩肘検診も目的に、ポニーフェスタはスタートしている。そもそもポニーリーグは「我々の国家の宝である青少年の成長を守ろう」という理念のもと、学年ごとで球数制限を設定。さらに3月の全国大会では、希望者による肩肘検診を開催するなど協会が主体となって積極的に肩肘の健康を守ろうと働きかけている。

肩肘検診の模様

今回もその一環で行われており、現場には慶友整形外科病院のスタッフが訪問。慶友整形外科病院といえば、肘のトミージョン手術の第一人者・古島弘三氏がいるところで、関係者のなかでは知られている病院だ。そんな有名なところのスタッフたちが診察するとあって、問診・触診、さらにはエコーでの状態確認と、選手1人あたり約1分程度で診察した。

現場に駆け付けた高橋啓先生によると、「小学生の時の投球過多などが原因で、中学1年生でも離断性骨軟骨炎という野球肘の症状が見られるケースもあります」と話す。野球肘といえば、野球界ではよく聞く症状で、2023年に大谷翔平がトミージョン手術で治したケガとして認識している人もいるだろうが、それは肘の内側が対象となっている。

髙橋先生の話す離断性骨軟骨炎は外側の部位に見られる症状だが、野球肘に分類されることは間違いない。そういったことを未然に防ぐ協会の取り組みは「素晴らしいことだ」と高橋先生は語る。

「こういったことが普及することでケガを予防して、上のステージでも成長できる可能性を最大限残ると思うんです。ですので、活動そのものは短期的なものではなく地道にはなりますが、それを協会全体が先進的にやっていることが素晴らしいと思います」

今回の肩肘検診を受診した選手たちに聞くと、「初めてやったんですけど、エコーなど本格的な機械で診てもらえてよかった」と普段やらない診察に興味を示している選手もいれば、「これまで以上にアイシングを大事にやろうと思いました」と肩肘に対するケアの意識を高めている選手も見られた。

ラプソードによる計測の模様

今の状態を知ることはもちろん、自身の健康状態を気に掛けるのも、選手として必要なこと。それが最終的に、選手生命を伸ばすことにもつながる。些細なことではあるが、ポニーリーグの取り組みは大きな意味があることは間違いなさそうだ。

肩肘の保護という観点でいえば、一部のチームが2024年からポニーリーグへ協賛を始めた株式会社しゃもじが運営しているアプリ・Suportal(サポータル)で選手たちの健康状態を管理し始めているという。
肩・肘・腰の半年以内のケガの可能性を数値で可視化させることで、メディカル管理・補強メニューを提案するという。運営する土井良記社長は「アプリ内の数値を通じて、行動するきっかけにして欲しい」と話していた。選手たちの成長を支えるという意味では、これからのポニーを支えていくことになりそうだ。

5チームによるじゃんけんの末にボール回しの優勝を掴んだ清瀬ポニー

ちなみにベースランニングの決勝は1年生がSKポニー、2、3年生は江東ライオンズが優勝。またボール回しについては、1年生がつくばポニー、2、3年生は清瀬ポニーの優勝で幕を下ろした。

6月は代表活動、7月には全国大会と山場が待っているポニーにとって、これは勢いを加速させる1日となった。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?