目次

[1]入学のキッカケとエースへの険しい道のり
[2]甲子園で身に付けた自信とライバルへの対抗心
[3]不屈の精神を持って取り組み続けて欲しい


 昨春のセンバツでは39イニングを投げて防御率1.62をマーク。全5試合で勝利投手となり、エースとして大阪桐蔭(大阪)を優勝へ導く活躍を見せた徳山 壮磨投手。今春からプレーしている早稲田大でも、東京六大学リーグ第4週の東大戦で早くも初勝利を挙げるなど期待にたがわぬ結果を残しているが、その徳山投手に高校時代の3年間を振り返りつつ、この春、高校球児となった選手の皆さんへアドバイスを頂いた。

入学のキッカケとエースへの険しい道のり

 「小学生の時、藤浪 晋太郎さん(阪神)が甲子園で春夏連覇するのを見て、ずっと大阪桐蔭に憧れていました」と話す徳山投手。それから4年後、見事にその大願を叶えて希望通りに入部したわけだが、エースへの道は前途多難だった。

 同期の20名はいずれも精鋭揃い。なかには日本代表に名を連ねた経歴を持つ選手もいたうえに、「練習は厳しいし、寮生活でそれまで母親がやってくれていたことも自分でやらなければならず、一日を乗り切るのがたいへんでした」。それでも6月にはシートバッティングでバッティングピッチャーを務める機会が訪れたが、「当時3年生で、今、東海大でプレーしている藤井 健平さんに特大のホームランを打たれました。その時は悔しいというよりも『すごいなぁ』という気持ちのほうが強かったですね」と振り返る。

 そんな、自身の力不足を思い知らされるような厳しい状況ではあったが「自分は挑戦者のつもりで、上を見てやっていくだけ。どんな時も腐らずに3年間をやりきるんだ」と、心に決めていたという。もちろん自信もあった。「先輩やキャッチャーから『球質が良くて、伸びしろがある』と声を掛けられていました」と言うように1年秋にはベンチ入り。また「当時、身長は180cmあったんですが、体重が65kgしかなくてガリガリだったので、『体が大きくなれば他のピッチャーにも負けない。エースになれる』と思っていました」。

 そこで、冬のオフシーズンには地道なトレーニングに取り組んだ。「自分は体が弱く、西谷(浩一)監督からも『まずは体作り』と言われていたので、走り込みやウエイトトレーニングは人一倍やりました。特にキツかったのはポール間を片道10本走るのですが、それを毎日3~4セット。それ以外にも坂道ダッシュや、低いネットを左右にジャンプしながら飛び越えたりして下半身を鍛え、体に芯を作ることを意識しました」。その甲斐もあって、2年の春を迎える頃には球速が138km/hから143km/hへアップ。「体も見た目から強くなった感じがしましたし、ボールを投げる時のバランスも良くなって安定感がかなり増しました」

 ところが、同時期に徳山投手はスランプに陥ってしまう。「紅白戦に登板したのですが、マウンドに立ったら足が震えてしまって……。ビビっていたんだと思います。それで四球を怖がって投げたらボコボコに打たれてしまって、1イニング6失点ということもありました。そういう状態がしばらく続いて、自分でもいろいろ試してみたのですが、全然、良くならなくて苦しんでいました」。

 タイミングの悪いことに、悩める徳山投手をさらにどん底へ突き落とす出来事があった。「春のセンバツのメンバー発表があったのですが、最初の第一次選考で外されてしまったんです。あの時はめちゃくちゃ悔しくて、泣きながらポール間を走っていたのを覚えています」。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!