試合レポート

仙台大vs東北福祉大

2023.05.20

仙台大が快勝でV王手!スタメン復帰の正捕手・坂口雅哉が攻守で牽引

仙台大vs東北福祉大 | 高校野球ドットコム
適時二塁打を放ち喜ぶ仙台大・坂口雅哉

 <仙台六大学春季リーグ:仙台大6-3東北福祉大>◇20日◇第7節1回戦◇東北福祉大

 先に2勝した方のリーグ優勝、全日本大学選手権出場が決まる仙台大と東北福祉大の最終決戦。先手を取ったのは仙台大だった。打っては4、6回に下位打線が機能し3点ずつを奪う。先発・佐藤 幻瑛投手(1年=柏木農)は5回途中2失点でマウンドを降りたものの、樫本 旺亮投手(2年=淡路三原)、ジャクソン 海投手(4年=エピングボーイズ)が好救援し、リードを守り切った。

 仙台大打線は0対0で迎えた4回、1死一、三塁の好機をつくると、7番・伊藤 颯内野手(3年=鶴岡東)が適時二塁打を放ち先制する。4回途中で相手エース・後藤 凌寿投手(4年=四日市商)をノックアウトし、さらに8番・坂口 雅哉捕手(4年=八王子)の適時打などで2点を追加した。6回も伊藤、坂口、9番・鹿野 航生内野手(4年=日大山形)の下位打線3連続適時打で3点を奪い、試合を優位に進めた。

 守備面で勝負の分岐点となったのは5回。1点リードながら無死二、三塁と絶体絶命のピンチを背負った場面だ。まずは2番手の変則左腕・樫本が西村 彰浩外野手(3年=聖望学園)、竹中 研人内野手(4年=駒大苫小牧)と東北福祉大の3、4番を張る左の好打者を立て続けに打ち取る。右打者を迎えたところで継投したジャクソンは先頭打者に四球を出し満塁としたものの、前の打席で2ランを放っていた石井 寛人内野手(3年=明秀日立)を空振り三振に仕留め、ホームを踏ませなかった。

 3投手をリードした正捕手・坂口は「うちはいいピッチャーが多いので、自分がうまくリードできれば自然と最少失点で抑えられる」と話す。特に今年のチームはこの日先発した佐藤をはじめ下級生の主力投手が多く、普段から後輩とのコミュニケーションを大切にしてきたという。

 ルーキーながらエース級の活躍を見せている佐藤のことは「恐ろしいくらい完成度が高く、性格もピッチャーらしい。こんないいピッチャーなかなかいない」と評価しており、4回に2ランを浴びたあとも「まだお前の力が必要だよ」などと前向きな言葉をかけた。ピンチをしのいだ樫本に対しても「左対左で一番難しい場面で度胸よく投げてくれた。頭が上がらない」と賛辞を贈っていた。

 昨春からスタメンマスクをかぶり続けてきた坂口だが、前節の東北学院大3回戦は前日の試合で右腕に死球を受けた影響もあり欠場した。代わりに捕手でフル出場した乾翔 悟捕手(4年=高崎商大附)は佐藤の2失点完投勝利を引き出すなど攻守で活躍。坂口は「自分たちの守備を見るのが新鮮だった」といい、「乾が幻瑛をどうリードするかといったことを第三者の視点で見ることで、一度気持ちを落ち着かせることができた」と久々にベンチで過ごした時間を振り返る。

 また今春は4番でスタートするも打率が伸び悩み、途中からは下位打線に入ることが多くなった。この日は8番でスタメン出場。「監督さんには(打順について)いろいろな考えがあると思うけど、自分としては悔しかった。今日打って見返してやろう」との思いで2安打2打点とバットでもチームを引っ張った。

「明日もピッチャーをいかにしっかり投げさせられるか。やることは変えずに、打てなくてもまずは守備で貢献したい」。頼れる正捕手が普段通りのリードで優勝をたぐり寄せる。

(取材=川浪 康太郎

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!