News

セ首位阪神とほぼ同じ勝率! 日本ハムを支える守護神”圧巻の数字”

2024.05.24


創価大時代の田中 正義

パ・リーグはソフトバンクが首位を独走している。5月22日終了時点で2位とのゲーム差は6で、勝率は7割を超えて.744。まさに圧倒的な強さと言える。

2位の日本ハムの勝率は.575。これはセ・リーグ首位の阪神の勝率.585とほぼ同じ。例年であれば首位を走っていてもおかしくないのである。

投手陣の奮闘が、ここ2年連続で最下位だった日本ハムを支えている。新加入の山﨑 福也投手(日大三出身)は、ほぼカード頭の先発を任され、すでに5勝。開幕投手の伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)も、無傷の3連勝と安定している。中継ぎ陣ではセットアッパーの河野 竜生投手(鳴門出身)が、18試合で失点はわずかに1。13ホールド、防御率0.51と抜群の成績を残している。

守護神の田中 正義投手(創価出身)の活躍も忘れてはならない。2022年のオフにソフトバンクへFA移籍した近藤 健介外野手(横浜高出身)の人的補償選手として加入した右腕は、中継ぎとして大きく花が開いた。昨年はキャリアハイとなる47試合に登板し、2勝3敗25セーブ、8ホールド、防御率3.50の成績を残した。

移籍2年目の今年は、開幕から守護神として起用され、18試合に登板。1勝0敗、10セーブ、5ホールド、防御率0.50と好調を維持している。18回を投げて、与四球はわずかに2つで、奪った三振は17個。奪三振と与四球の割合を示すK/BBは8.50。昨年の3.54から大幅に良化している。

また10セーブもソフトバンクのオスナ(11セーブ)に続く2位。少し気は早いもののチーム、そして自身の好調が続けば最多セーブのタイトルも視界に入ってくる。もし田中が最多セーブのタイトルを獲得すれば、人的補償で移籍した選手としては、西武からヤクルトへ移籍し盗塁王を獲得した福地寿樹以来2人目。投手としては史上初のことになる。

首位のソフトバンクを追いかけるためにも田中の存在は必要不可欠。このままタイトル争いに加わることがチームへの大きな貢献となる。

※数字は2024年5月23日終了時点

<関連記事はこちら>
◆首位独走!ソフトバンクの今季新戦力の活躍度は?
◆打撃不調の阪神、今季新戦力野手の出場ゼロでも首位に立つ強さ
◆【ヤクルト】今季加入の新戦力の活躍度は!?
◆新戦力を積極起用のDeNA、今後の巻き返しのキーマンは!?
◆【広島】「今季新戦力の現状通信簿」、新外国人の復活はなるか!?
◆【中日】今年の新戦力の通信簿

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.06

23年三重王者・いなべ総合が初戦で敗れる!9回に逆転満塁弾を許す

2024.07.06

MAX153キロ、高校通算39本塁打、偏差値70! 東京の超進学校に現れた“規格外の男”森井翔太郎の「気になる進路」

2024.07.06

高校生ドラフト期待度ランキング10位-1位 ドラフト上位有力“超高校級の逸材”の中から1位に輝いたのは…?【2024夏直前版】

2024.07.07

上田西が0封に抑えられて初戦敗退 23年はオリドラ1を擁して甲子園出場

2024.07.06

【7日登場の逸材たち】超進学校・桐朋の二刀流が登場!横浜隼人の149キロ右腕、名門・県立岐阜商の149キロ右腕などプロ注目選手が続々初戦を迎える

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

春連覇した加藤学園は悲観達成を狙う! 静岡、日大三島、藤枝明誠、プロ注右腕・小船を擁する知徳らが行く手を阻む!?【2024夏・静岡大会展望】

2024.07.05

静岡大会ではノーシード勢が初戦、常葉大菊川、聖隷クリストファーが開幕6日に登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

三重大会が6日開幕、昨夏代表のいなべ総合が初日に登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!