News

首位独走! ソフトバンクの今季新戦力の活躍度は?ルーキー3人が一軍登板中

2024.05.23


名城大時代の岩井俊介、金沢学院大時代の長谷川威展、横浜高時代の近藤健介

プロ野球が開幕してから、約2カ月が経とうとしている。各球団ともにドラフトで獲得した選手や新外国人、あるいは移籍で加わった新戦力たちが結果を残しつつあるが、ソフトバンクは打撃部門で大きな新戦力を得て、パ・リーグ首位を独走している。

21日現在で28勝10敗2分けの貯金18で、2位の日本ハムとは6ゲーム差。首位から最下位までは5ゲーム差の混戦セ・リーグ以上に、ゲーム差をつけて首位を独走している。

自らの不祥事により西武から公式戦無期限出場停止処分となり、その後FAで今シーズンからソフトバンクに加入した山川 穂高内野手(中部商出身)が、新4番として結果を残している。柳田 悠岐外野手(広島商出身)と、近藤 健介外野手(横浜高出身)と強力なクリーンアップを形成。本塁打と打点の両部門でリーグトップを走っている。

山川の加入によって得点力は大きく上がり、40試合で183得点は12球団トップ。パ・リーグでは2位楽天の135得点に48点差をつけている。21日の楽天戦では21得点を挙げる猛攻もあった。山川は全40試合4番に座り続け、打線に欠かせない存在となっている。

一方で巨人から交換トレードで加入したウォーカー外野手は、20試合の出場で打率.169(65打数11安打)、1本塁打と低迷。4月末に2軍降格となり、その後は1軍から声がかかっていない。2軍でも、ここまで11試合の出場で打率.214(42打数9安打)、1本塁打と苦しみ、山川とは明暗がくっきりと分かれた。

投手では現役ドラフトで加入した長谷川 威展投手(花咲徳栄出身)が、4月4日に1軍登録されると、ここまで1度も登録抹消されることなく、中継ぎとして7試合に登板。3勝0敗、1ホールド、防御率0.00と結果を出している。

ルーキーではドラフト2位の岩井 俊介投手(京都翔英出身)、同4位の村田 賢一投手(春日部共栄出身)、同5位の澤柳 亮太郎投手(明学東村山出身)の3人がすでに1軍デビューを果たした。岩井は3試合で防御率0.00、村田は1試合で防御率18.00、澤柳は3試合で防御率3.86の結果を残している。

※数字は2024年5月21日現在

<関連記事はこちら>
◆打撃不調の阪神、今季新戦力野手の出場ゼロでも首位に立つ強さ
◆【ヤクルト】今季加入の新戦力の活躍度は!?
◆新戦力を積極起用のDeNA、今後の巻き返しのキーマンは!?
◆【広島】「今季新戦力の現状通信簿」、新外国人の復活はなるか!?
◆【中日】今年の新戦力の通信簿

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

6日兵庫大会が開幕!春夏8度甲子園出場の神港学園が登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

愛知大会は6日に1、2回戦!昨秋4強、21世紀枠推薦校の小牧南がリベンジの夏へ【2024夏の甲子園】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.07.04

「学校と地域に支えられて戦う」県内有数の進学校・磐田南(静岡)、“潔く”戦って最高の夏に【野球部訪問】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.30

突然の病で右半身が麻痺した「天才野球少年」が迎える最後の夏 あきらめなかった甲子園出場の夢、「代打の一打席でもいいから……」

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.06.29

北海は道内29連勝なるか、東海大札幌VS札幌日大の強豪対決も、30日に札幌支部で代表決定戦【2024夏の甲子園】

2024.06.29

激戦区・愛知が開幕!ノーシードから4連覇狙う愛工大名電が17得点の圧勝発進、大府、愛知産大三河も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!