News

【開幕約40試合】ヤクルト、今季加入の新戦力の活躍度は!?

2024.05.17


横浜時代の増田 珠、智辯和歌山時代の西川 遥輝

開幕からおよそ1カ月半が経過した。各球団ともにドラフトで獲得した選手や新外国人、あるいは移籍で加わった新戦力たちが結果を残しつつある。

ヤクルトは楽天を戦力外となった西川 遥輝外野手(智辯和歌山出身)が、1軍の戦力として躍動している。西川は開幕1軍入りを果たすと、ここまで31試合に出場。得点圏打率.333と勝負強く、トータルでは打率.241(83打数20安打)、10打点とまずまずの成績を残している。

守備面でも外野3ポジションをしっかりとこなし、起用の幅も広い。塩見 泰隆外野手(武相出身)が離脱したこともあり、ますます外野でスタメン出場する機会が増えそうだ。

野手では増田 珠内野手(横浜高出身)も4月29日に1軍昇格を果たし、6試合に出場している。

投手では新外国人のヤフーレ投手が、初登板から3戦3勝と絶好のスタートを切り、先発ローテーション投手として役割を果たしている。4試合目の登板で2回途中7失点と、大炎上を喫するも、翌週の登板では100球以内の完封勝利「マダックス」を達成。5月10日の巨人戦では負け投手となったものの、8回途中2失点とHQS(7回以上自責点2以下)を達成している。

中継ぎとして起用されているエスパーダ投手は、15試合の登板で防御率2.93と、まずまずの数字。開幕当初は奪三振が少なかったものの、4月下旬以降は勝ちパターンとして起用される機会が増え、5回で7奪三振と三振を奪うことができている。高い奪三振能力を継続すれば、今後も勝ちパターンとして起用されそうだ。

一方でソフトバンク戦力外から加入した嘉弥真 新也投手(八重山農林出身)は、開幕1軍入りを果たすも、打ち込まれる機会が多く、6試合で防御率13.50と低迷。4月19日に登録を抹消され、それ以降は1軍に昇格することができていない。

トレードで加入した宮川 哲投手(東海大山形出身)は4試合の登板で防御率6.75。失点を喫したのは1試合のみだが、3試合で1イニングに複数安打を許すなど安定感を欠いた。4月16日の登録抹消を最後に、1軍に呼ばれていない。

15日終了時点で借金3と本調子ではないヤクルト。セ・リーグの順位こそ5位だが、首位巨人とはまだ4ゲーム差と、巻き返しは可能な状況だけに、これからの新戦力の活躍にも期待がかかる。

※数字は2024年5月15日終了時点

<関連記事はこちら>
◆新戦力を積極起用のDeNA、今後の巻き返しのキーマンは!?
◆広島「今季新戦力の現状通信簿」、新外国人の復活はなるか!?
◆ヤクルト二軍有望選手
◆広島二軍有望選手
◆阪神二軍有望選手

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

【茨城】19日に抽選会!県内12連勝中の常総学院に対抗するのは?<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得