News

阪神 二軍最下位も有望選手多数! 高卒2年目外野手は選球眼が飛躍! 一軍出場も近い

2024.04.25


関東一時代の井坪陽生

2軍戦が開幕して1カ月以上が経過した。1軍が開幕する前はベテラン選手や開幕ローテーションの調整なども多くあったが、すでに落ち着いてきた感がある。ここで各チームの有望選手を確認しておきたい。

開幕当初こそ、やや出遅れた感のあった阪神は、4月21日に今シーズン初めて首位に立った。2軍はウエスタン・リーグ最下位に沈んでいるが、明るい話題は多い。

度重なる故障で育成契約となっていた髙橋 遥人投手(常葉橘出身)が、4月17日のオリックス戦で実戦復帰を果たした。893日ぶりの実戦登板で、1回を1安打1三振の無失点の内容でマウンドを降りた。まだまだ試運転の段階であり、1軍での登板を考えるのは時期尚早だが、このまま順調に進めば7月末までの支配下復帰、さらにはシーズン終盤で連覇へ向けたピースとなる可能性もありそうだ。

すでに1軍でも登板機会を得ている門別 啓人投手(東海大札幌出身)も、2軍では圧倒的な存在感を見せている。ここまで3試合の登板で16回を投げ防御率1.13。4月14日のソフトバンク戦では、7回7奪三振無失点の内容で1軍昇格(4月19日昇格)への切符を再びつかんだ。先発投手陣が安定している阪神のなかでローテーションに入ることは容易ではない。しかし、中継ぎで結果を残しながら、ローテーション入りを目指していきたいところだ。

野手では高卒2年目の井坪 陽生外野手(関東一出身)が、打率.351(77打数27安打)、3盗塁、OPS.849と結果を出している。打率はチームトップでリーグ3位。27安打もリーグ3位と順調に成長している。

特に大きく成長したのが選球眼。ここまで出塁率.407は昨シーズンの.293より1割以上も改善している。四球と三振の割合を示すBB(四球)/K(三振)も0.26から1.00へと大幅に良化した。ヒットを打つだけでなく四球も選ぶことができるようになっている。また、外野3ポジション全てで起用されるなど、起用の幅が広いのも心強い。このまま順調なら、シーズンのどこかで1軍初出場があるかもしれない。

<阪神の主な選手の2軍成績>
髙橋 遥人常葉橘→亜細亜大→2017年阪神2位)
1試合(1回)0勝0敗 防御率0.00

門別 啓人東海大札幌→2022年阪神2位)
3試合(16回)0勝0敗 防御率1.13

井坪 陽生関東一→2022年阪神3位)
28試合 打率.351(77打数27安打) 0本塁打 7打点

※数字は2024年4月23日終了時点

<関連記事こちら>
・プロ野球 開幕から活躍を続ける「5人のルーキー投手」の“今後”はどうなる!? 元プロが診断するスゴさと課題
・【開幕1ヵ月 注目の二軍選手】ヤクルトは高卒ルーキー捕手が3割超え! 移籍2年目ユーティリティプレーヤーも打撃好調!
・盤石ローテが崩れ、首位陥落! ピンチの中日投手陣、救世主候補はこの3人!

 

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

健大高崎卒業生進路がスゴい! 主力は法大、明大、亜大など名門へ! 留学、アメフト転向も

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?