News

上位浮上目指す広島 二軍打率4割超の育成ルーキーが昇格か!? GW逆襲へファーム躍動中の3選手

2024.04.26


佐藤 啓介(広島)

2軍戦が開幕して1カ月以上が経過した。1軍が開幕する前は、ベテラン選手や開幕ローテーションの調整なども多くあったが、すでに落ち着いてきた感がある。今回は広島の有望選手を確認しておきたい。

佐藤 啓介内野手(中京大中京→静岡大→2023年育成2位)
20試合 打率.410(61打数25安打) 1本 6打点

育成のルーキー野手が打ちまくっている。打率.410、1本塁打、6打点、4盗塁、OPS1.048と圧倒的な成績で、ウエスタン・リーグの首位打者争いのトップを走っている。規定打席に到達して打率4割を超えているのは、イースタン・リーグを含めても佐藤ただひとり。

二塁を守り、ここまでエラーは4つ。1軍の菊池 涼介内野手(武蔵工大二出身)や矢野 雅哉内野手(育英出身)と比べると見劣りするものの、圧倒的な打撃成績を残すことができれば、支配下登録も見えてくる。

末包 昇大外野手(高松商→東洋大→大阪ガス→2021年6位)
14試合 打率.233(43打数10安打) 0本 4打点

長距離砲としての期待が高い末包は、春季キャンプ前に故障したが、すでに実戦に復帰。一発こそ出ていないものの、4月20日のソフトバンク戦では初の長打となる二塁打を含むマルチ安打を記録。25日のくふうハヤテ戦でも二塁打を放って3打点をマークした。1軍の野手陣では外国人選手がふたり揃って離脱するなど、長打を打つことのできる打者が少ない。1日も早い1軍昇格が待たれる。

玉村 昇悟投手(丹生→2019年6位)
4試合(26回)3勝1敗 防御率1.38

投手では玉村が光っている。ここまで4試合に投げ3勝1敗と順調。防御率1.38はリーグ2位でもある。登板した4試合すべてでQSを達成し、4月19日のソフトバンク戦では8回1失点とHQS(7回以上自責点2以下)と圧巻の投球を見せた。もともとは1軍の先発ローテーションにも入っていた選手。1軍の投手陣に疲れが見えた頃に穴を埋める存在として期待がかかってくる。

※数字は2024年4月25日終了時点

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?