News

打撃不調の阪神、今季新戦力野手の出場ゼロでも首位に立つ強さ

2024.05.22


新潟明訓時代の漆原 大晟、仙台育英時代の山田 脩也

プロ野球が開幕してから、約2カ月が経とうとしている。各球団ともにドラフトで獲得した選手や新外国人、あるいは移籍で加わった新戦力たちが結果を残しつつある。

球団史上初のリーグ連覇を目指す阪神は、20日時点で首位に立っている。オープン戦では初戦から9連敗するなど、3勝14敗1分けの最下位。シーズン開幕当初も波に乗れなかったが、4月中旬の引き分けを挟んで7連勝を収めるなど、強さを発揮している。

新外国人投手として加入したゲラが中継ぎで21試合に登板し、フル回転している。21試合登板はチームトップで、リーグでもトップタイ。さらに防御率1.74と安定した成績を残しているのは心強い。

20.2回を投げて15奪三振と、三振を多く奪うタイプではないが、与四球3と制球力に優れ、岩崎 優投手(清水東出身)とともに、勝ちパターンを任されている。

現役ドラフトで加入した漆原 大晟投手(新潟明訓出身)も、中継ぎとして12試合に登板。防御率1.35と安定している。勝ちパターンの一角というわけではないが、僅差の場面を任されることもあり、ホールドを2つ記録。しっかりと役割を果たしている。

一方の野手では、新外国人選手の補強もなく、ここまで新戦力の1軍出場はない。

ドラフトで指名したルーキーたちも、2軍で汗を流している。ドラフト3位の山田 脩也内野手(仙台育英出身)は、高卒ルーキーながら39試合に出場。打率.248(101打数25安打)、OPS.632と結果を残している。

投手ではドラフト5位で高卒社会人出身の石黒 佑弥投手(星城出身)が、17試合に登板し防御率3.77とまずまず。1軍の中継ぎ投手陣の層は厚いが、結果を残し続けることでチャンスをつかみたい。

ドラフト1位ルーキーの下村 海翔投手(九州国際大付出身)は、トミー・ジョン手術を受け、今シーズン中の1軍登板は絶望的な状況だ。

※数字は2024年5月20日現在

<関連記事はこちら>
◆【開幕約40試合】ヤクルト、今季加入の新戦力の活躍度は!?
◆新戦力を積極起用のDeNA、今後の巻き返しのキーマンは!?
◆広島「今季新戦力の現状通信簿」、新外国人の復活はなるか!?
◆【開幕1ヵ月半分析】中日 今年の新戦力の通信簿
◆阪神二軍有望選手

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商