Column

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13


井上 剣也(鹿児島実)

今年の九州地区でトップレベルの評価を受ける剛腕が井上 剣也投手(鹿児島実)だ。最速151キロの速球を投げ、今春の鹿児島県大会で優勝を果たした。夏の投球次第では、ドラフト上位指名の可能性を持った逸材に迫っていきたい。

投球を見ると、馬力の大きさが目を引く。ストレートは常時145キロ〜150キロを計測しており、ここぞという場面で150キロオーバーの速球で打者を圧倒する。速球の威力は確かなものがあり、詰まらせる投球を得意とする。ストレートにかなり自信を持っているのか、2ストライクから高めのストレートでねじ伏せるパターンが多い。高校生のうちは変化球に頼らず、今の投球パターンで勝負したほうが次のステージで生きると思うので、ぜひ決め球のストレートに磨きをかけてほしい。変化球は120キロ近いカーブ、さらに速度が増したスライダーを膝元に投げ込む。走者を背負っても、また雨天で足場が悪い中でも粘り強く投げられる精神力の強さは見事だ。

投球フォームを見るとバランスを大事にしており、セットポジションから始動している。左足をまっすぐ上げて、軸足にしっかりと体重を乗せる。そこから身体を半身にした状態で、インステップ気味に踏み出して、開きを抑える動きを見せている。テークバックの動きを見ると、右肘を折りたたむようにして、トップを形成する。井上が良いのは踏み出し足で勢いをつけて、強く腕を振ることができていること。剛速球を投げたい時にしっかりと出力の高いストレートを投げることができる。

常に140キロ台中盤〜後半のスピード能力に加え、直球中心で圧倒する球質の良さを見ても、今年の高校生の右腕ではトップレベルに入る逸材ではないか。ただ、178センチと上背がない投手なので、完成度の高さが求められるタイプ。ストレート中心の投球を軸にしつつ、春にはないバリエーションで圧倒できる投手になりたい。鹿児島のライバル・神村学園打線を翻弄できる投球ができるようになれば、スカウトからの評価も高くなるのではないか。

<井上剣也(いのうえ・けんや)>
右投げ右打ち 178センチ77キロ
鹿児島市立谷山中出身
谷山イーグルスでプレー
2年夏からベンチ入りし、主に先発で活躍
2年秋は3回戦敗退 鹿児島県選抜に選出
3年春は準々決勝の国分中央戦で16奪三振完封
決勝戦の鹿屋農戦で12奪三振完封
九州大会ではベスト8

<関連動画>
強烈ブルペン投球に密着!夏に懸ける鹿児島実のドラフト候補・井上剣也の剛球は必見!

<関連記事>
◆【トーナメント表】春季九州大会 結果一覧
◆【トーナメント表】春季鹿児島県大会 結果一覧
◆【一覧】鹿児島 NHK旗争奪 結果
◆【一覧】ドラフト候補リスト・春季大会最新版
◆【一覧】夏の甲子園地方大会抽選日&開幕日・九州地区

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.24

秋田の組み合わせ決まる!明桜が初戦からいきなり金足農と対戦、初戦から秋春の王者対決【2024夏の甲子園】

2024.06.23

【宮城】24日に抽選会!仙台育英優位も、他校にも十分チャンスあり、ノーシード東北の抽選結果にも注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在41地区が決定、長崎、高知、新潟、大分などでシードが決まる〈6月10日〉

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】