Interview

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】

2019.07.06

 6月17日から大阪桐蔭特集がスタートし、17日連続で記事を掲載していきました。15日の大阪桐蔭初戦に合わせ、前年主将の中川卓也選手のインタビューです!動画では後輩たちへメッセージを送っていますよ!こちらも必見です!!

 昨年は第100回の記念大会となった夏の甲子園を制するなど春夏連覇を飾り、高校野球界に覇をとなえた大阪桐蔭(大阪)。その歴史に名を刻んだチームで主将を務め、現在は東京六大学の名門・早稲田大でプレーしている中川卓也選手に昨季のチームについて振り返ってもらった。

チームを良くしていく意識を互いに持っていた

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 | 高校野球ドットコム
大阪桐蔭時代を語る中川卓也(早稲田大)

 昨秋のドラフトで1位指名を受けた根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)をはじめ、4選手がプロ入りするなどスター軍団と呼ばれた昨季の大阪桐蔭。入団当初から、その実力は際立っていたという。

 「入寮した次の日にバッティング練習があったんですが、根尾や藤原はスイングスピードが速くて、既に別格でしたね。あと、一番すごいと思ったのは小泉(航平、NTT西日本)で、打球の音が違いました。自分も自信を持って入部したんですけれど、『この先、やっていけるかな』と心配になりましたね」

 しかし、持ち前の打力を活かしてレギュラーポジションを掴んだ中川選手は2年春にセンバツ優勝を経験。最上級生となった同年秋には主将を任せられた。
 「小中学校の時もキャプテンをしていたのですが、高校は学校も寮もメンバーと一緒に過ごすので、24時間、気を緩めることができなかったですね。やっぱりキャプテンとして普段の私生活からしっかりとしていなければいけませんでしたから。でも、主将をやるからには、きっちりとやってやろうと決意していました」

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 | 高校野球ドットコム
トスを上げる中川卓也(早稲田大)

 そんな中川選手のもと、チームメートたちはどのようにしてまとまっていったのだろうか。
 「自分たちの代はずっと『我が強い』と周囲から言われていたのですが、裏を返せば『勝ちたい気持ちが強い』ということなので、その気持ちを良い方向へ持っていければと考えていました。それから、元々、同期の仲は良かったのですが、1学年上の先輩たちが夏の甲子園で負けてしまい『仲が良いだけでは勝てない』ことを経験させてもらったので、仲が良いなかでも言うべきことは言えるチームにしていきたいと思っていました」

 そこで、メンバーに選ばれた選手は、メンバー外になった同級生のために。メンバー外の選手はメンバーになった同級生のため、互いに声を掛け合い、行動を起こした。

 「自分たちが『何をしたいのか』を考えたら、『春と夏の甲子園で勝ちたい』という答えになりますから、優勝するためにベンチ入りしたメンバーは練習を怠ることなんてできないですよね。
 そして、メンバー外の選手も『チームが勝つために自分は何ができるか』を考えて、率先してバッティングピッチャーを務めたり、チームを活気づけるための言葉を掛けたり、ミーティングで話をしたり。もちろん、メンバーの方からメンバー外の選手に対してガツンと言うこともありましたが、とにかく『チームを良くしていこう』という意識を互いに持っていたんです」

[page_break:選抜優勝後も危機感「このままでは夏は勝てない」]

選抜優勝後も危機感「このままでは夏は勝てない」

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 | 高校野球ドットコム
打撃練習の様子

 秋季大会では大阪大会、近畿大会ともに優勝した大阪桐蔭。ただ、中川選手は「毎試合、不安で前日の夜は眠れないこともあった」という。そして、11月の明治神宮大会では準決勝で創成館(長崎)に4対7で敗戦。
 「秋季大会は個の力だけで勝っていました。でも、創成館に負けたことで、チーム力を向上させていかなければいけないと全員が気持ちを新たにすることができたんです」

 冬のオフシーズンは精神的な面も一から鍛え直した。
 「それまではピッチャーが打たれしまった時や、バッターが凡退した時など、集中力が切れてふてくされているような仕草をすることもありましたし、エラーがあっても声を掛け合うことができていませんでした。だから、そういった部分を直していくことを課題にし、『継続力』を付けていったんです。ウエイトトレーニングにしても、連続ティーにしても、最後まで気を抜かずにやりきる。そうすることで粘り強さが生まれていきました」

 また、個人練習の時間も多くとられたというが、「周りから言われたからやるのではなく、自分からやる気になってほしかったので、『勝ちたかったら、練習をやればいい。やらなければ、ベンチに入れなくなるだけだ』と、あえて突き放すような言い方をしてハッパをかけました。でも、明治神宮大会での負けをきっかけにみんなが意識を高く持ってくれていたので良いムードで練習できましたし、秋に比べて質の高いトレーニングができたと思います」

中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 | 高校野球ドットコム
大阪桐蔭時代の中川卓也(早稲田大)※写真は明治神宮大会のもの

 春を迎えて練習試合が解禁になると、しばらくは勝ったり負けたりを繰り返していたというが、センバツ大会を直前にした浦和学院(埼玉)との練習試合で一皮むける出来事があった。
 「ダブルヘッダーの1試合目は自分たちの思ったようなプレーができずに負けてしまったのですが、2試合目の時に橋本(翔太郎)コーチから『積極的に振っていこう』と声を掛けられたんです。その一言でチームがグッとまとまった感覚があって、その試合に勝つことができたんですが、冬の間に高めてきた技術に加えて、簡単に三振をしないとか、強い打球に対して体に当ててでも前に落としてアウトにするとか、そういったボールに食らいつく執念が出てきて、練習試合を重ねていくうちにどんどんと自信が付いていった感じです」

 こうして臨んだセンバツでは見事に優勝。
 「冬のミーティングでは『秋の負けを、どうやって春につなげていくのか』と口うるさくずっと話し続けてきたのですが、その悔しさを大会にぶつけることができました。もちろん優勝は意識していましたが、目の前の相手に足元をすくわれないように先を見据えることなく一戦必勝の気持ちで戦ったのが良い結果につながったと思います」

 ところが、センバツを終えたあとの野球ノートには危機感を訴える言葉が並んだという。
 「自分は『このままでは夏は勝てない』と書きました。センバツに優勝したことで、他校からターゲットにされますし、これからレベルアップしなければ負けてしまうと。でも、その気持ちはみんなが共通して持っていたんです」

 前編はここまで。後編では選抜甲子園以降のチームの状況や、大学野球での苦悩についても迫りました。後編もお楽しみに!

【後編を読む】不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】

文=大平 明

大阪桐蔭特集

6月17日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【前編】「夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地」
6月18日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【後編】「どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない」
6月19日12時 中野波来主将 インタビュー【前編】「偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代」
6月20日12時 中野波来主将 インタビュー【後編】「知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を」
6月21日12時 宮本涼太選手 インタビュー【前編】 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征
6月22日12時 宮本涼太選手 インタビュー【後編】 そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】
6月23日12時 西野力矢選手 インタビュー 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける
6月24日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【前編】 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡
6月25日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【後編】史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった
6月26日12時 OB 道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【前編】 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った
6月27日12時 OB道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【後編】「野球は高校野球だけじゃない」恩師の言葉を胸に
6月28日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【前編】「自分の生きる道を考え続けた3年間 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月29日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【後編】「自分の居場所を見つけて勝負ができれば、チームも強くなる 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月30日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【前編】「甲子園で活躍するための練習、生活を送ってきた 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」
7月1日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【後編】「4年後はメンタリティも、技術もプロに進むのに相応しい選手へ 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」

7月2日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【前編】「コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)」


7月3日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【後編】「研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ」


7月13日12時 OB 中川卓也選手(早稲田大)インタビュー【前編】「今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方」


7月14日12時 OB 中川卓也選手(早稲田大)インタビュー【後編】「不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也という男」

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】