第656回 中川 卓也(大阪桐蔭)「強い決意」で「センバツ連覇」に挑戦する2018年03月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]無我夢中での選抜V「気づき」を与えた仙台育英戦
[2]「神宮大会敗戦」で気づいたチームの弱さ
[2]「注目」を力に変え、何としても「センバツ連覇」

「神宮大会敗戦」で気づいたチームの弱さ


守備練習を行う中川卓也選手(大阪桐蔭)

―― 新チームから主将になった中川選手。小中学校の時も主将経験がありますが、人を引っ張ることには自信があるほうなのでしょうか?

中川:  僕は言葉で伝えるのはうまくない方だと思ってんす。もちろんしっかりとミーティングをして、自分が話したいことは伝えますが、まずはみんなについてもらえるように、全力プレーや立ち居振る舞いをしっかりとすることを心掛けています。

―― 主将就任時、前主将・福井 章吾(慶應義塾大)選手から伝えられたことはなんでしょうか。

中川: 仙台育英に敗れた日の夜に、福井 章吾さんから「お前が折れたら、このチームは絶対に終わるぞ」と。どんなことがあっても前を向いて頑張ろうと、みんなを引っ張っていこうと思いました。

―― 秋の大会まで時間も少なく、まとめるのも大変だったと思います。

中川: そうですね。スタートしたときは右も、左も分からないところからスタートをして、不安しかない秋の大会だったんですけど、一戦一戦重ねていくごとにチームワークが良くなっていくのを実感しました。今は部員41人が選抜連覇の偉業に向かって1つになってやっています。

―― 近畿大会優勝。そして神宮大会を終えて、どういうところが課題となりましたか?

中川: 特に神宮大会は走塁と守備のミスが多く、自分達の弱さが出た。内外野の連携が少なく、それらが失点につながりました。新チームから常々いっていた100%の確認ができなかった大会でした。
 そして走塁の弱さ。ここは昨年12月に大阪府選抜で遠征した台湾の親善試合でも感じました。このチームは、藤原 恭大や、宮﨑 仁斗のように根本的に速い選手がいる半面、走塁技術の習得はまだまだ。ですので、この冬は足を速くするために、30メートルダッシュを繰り返し行っていますし、加えて技術を高める走塁練習も行っています。

【次のページ】 「注目」を力に変え、何としても「センバツ連覇」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中川 卓也
中川卓也(なかがわ・たくや)
  • ポジション:内野手
  • 身長:175センチ75キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第9回 香川県から発信する「高校野球200年構想」【四国発】
第718回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第498回 近大附(大阪)【前編】「エース頼みのチーム脱却へ 自ら動いた選手たち」【野球部訪問】
第703回 夏のセンターポジションへ!「ガチの」大阪桐蔭に香川の4校が挑む!【大会展望・総括コラム】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
愛知産大三河vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs桜丘【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第708回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第493回 福井工大福井(福井)1年目の集大成として100回大会を取る!【野球部訪問】
第151回 大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大が日体大相手に存在感を示す!【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs日体大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs日本体育大学【2018年 練習試合(交流試合)・春】
中川 卓也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー