第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!!2014年07月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 順当に勝ち進んできた第1シードの4校!
[2] 法政二、相洋、桐光学園も虎視眈々と甲子園出場を狙う
[3] 横浜隼人、厚木など健闘を見せるノーシードの強豪たち
[4] 5回戦の見どころ

 日本で最も熱い神奈川大会も、ベスト16が出揃った。今大会第1シードとなったのは横浜向上東海大相模慶應義塾の4校だ。

順当に勝ち進んできた第1シードの4校!

 二季連続甲子園出場を果たし、春季県大会でも優勝した横浜関東大会霞ヶ浦にコールド負けを喫した。だが県内では投打とも群を抜いたパフォーマンスを示しており、よほどのことがなければ順調に勝ち進んでいくチーム力がある。

 大会が始まってから厚木西荏田湘南を下し、順当にベスト16に進出した。
打線で大当たりを見せているのは1番浅間 大基(3年)。厚木西戦で2本塁打を放つと、4回戦の湘南戦で、勝ち越し2ランを放ち、好調を維持。主砲の高濱 祐仁(3年)はまだ本塁打はないが、強引な打撃をせず、広角に打ち返す打撃を披露し、状態は上向き。

 そしてエースの伊藤 将司(3年)が湘南戦で10者連続奪三振を記録。好調時のストレートのキレを取り戻し、本来の投球が出来るようになったのは大きいだろう。3季連続甲子園出場へ向けて、投打ともに内容を上げてきた。

高橋 裕也 (向上)

 向上初戦横須賀総合戦でコールド勝ち。3回戦の関東学院戦では先行を許し、苦しみながら、4回戦では横須賀戦で、4対3と1点差での勝利。春季大会に続き、タフな戦いを強いられているが、取りこぼさず勝利出来るところに強みを感じる。次の試合でも粘り強い戦いを制し、初優勝を目指す。

 東海大相模青島 凌也(3年)、佐藤 雄偉知(3年)、吉田 凌(2年)の3投手が未だ無失点。また、左腕の小笠原 慎之介(2年)も控えており、投手力は万全。そして打線は4本塁打と調子を上げている。
今後はシード校の対決が続き、激しい戦いが予想されるが、攻守ともに隙のないゲームをめざし、4年ぶりの甲子園出場を目指す。

 慶應義塾のエース原田 匠(3年)は1試合のみの登板で、津留崎 大成(2年)、 土井 涼(2年)に経験を積ませている。5回戦以降で、原田以外に投げられる投手が出てきたのは収穫だろう。打線は名幸 大成(3年)を中心とした打線の破壊力は脅威。つなぐ打線を意識し、大量点を取り、2008年以来の甲子園出場を目指す。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 法政二、相洋、桐光学園も虎視眈々と甲子園出場を狙う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第491回 神奈川大会をさらに楽しむには?各ブロックの見所、盛り上がりどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第489回 明日神奈川大会抽選会!横浜、東海大相模など有力校の戦力分析!【大会展望・総括コラム】
第115回 夏までにココを成長!関東大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第485回 本日関東大会決勝!2年ぶり優勝を狙う浦和学院か?初優勝を狙う東海大相模か?【大会展望・総括コラム】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第429回 横浜高等学校 藤平尚真選手 「剛腕を支える腕の振りの強さ」  【2016年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
厚木 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
相洋 【高校別データ】
立花学園 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
藤沢翔陵 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵総合 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー