印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第160回 正しいフォームで投げていても安心できない!物理的ストレスを理解して肘を守ろう!2016年12月30日

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村 典子です。

 野球は競技特性上、投げる動作を繰り返すスポーツです。どうしても投球側の肩や肘に大きな負担がかかりやすく、肩や肘の痛みで練習を休んでしまった選手も少なくないことでしょう。肘関節は小さな関節なので、物理的ストレスに弱く大きな負担がかかりやすいことを理解し、肘を痛めないためのコンディショニングについて考えてみましょう。

【目次】
[1]正しいフォームで投げても肘は痛くなる / 成長期の骨は柔らかく負担がかかりやすい
[2]身体全体の柔軟性を高めること / 肘痛の見分け方とフォームの問題

正しいフォームで投げても肘は痛くなる

正しいフォームで投げていても投げすぎると肘を痛める

 肩や肘を痛める原因はいろいろありますが、崩れた投球フォームや力学的に無理のあるフォームで投げ続けると投球側の肩や肘を中心に痛みを起こしやすいと言われています。正しいフォームというのは人それぞれなのですが(骨格や体力、筋力、柔軟性などに個人差があるため)、なるべく肩関節や肘関節に負担のないポジションで身体全体を使って投げることがよいとされています。

 上半身に頼ったフォームは特に肩や肘を痛めやすいため、地面から伝えられるエネルギーを下半身から上半身に効率よく伝えていくことが、ケガをしにくいフォームであると同時にパフォーマンスにも直結するものではないかと考えられています。ただし正しいフォームで投げ続けていたとしても、疲労によってフォームが崩れてくると当然肩や肘に負担がかかるようになりますし、小さな関節である肘関節は正しいフォームで投げ続けていたとしても限界を超えてしまうとやはり痛みを誘発することになります。

成長期の骨は柔らかく負担がかかりやすい

 整形外科のドクターを中心とした日本臨床スポーツ医学会学術委員会は1995年に「青少年の野球障害に対する提言」として、投球動作の繰り返しによるケガ予防のための提言を掲げています。特に成長期である小学生から高校生にかけては、骨が柔らかく、筋肉が収縮することによって牽引ストレスがかかり、肘だけではなく膝や肩にも大きな負担がかかることが知られています。

●日本臨床スポーツ医学会学術委員会の提言より(一部抜粋)
1)野球肘の発生は11、12歳がピークである。したがって野球指導者はとくにこの年頃の選手の肘の痛みと動きの制限には注意を払うこと。野球肩の発生は15、16歳がピークであり、肩の痛みと投球フォームの変化に注意を払うこと。

2)野球肘、野球肩の発生頻度は、投手、捕手が圧倒的に高い。したがって各チームには、投手と捕手をそれぞれ2名以上育成しておくのが望ましい。

3)練習日数と時間については、小学生では、週3日以内、1日2時間をこえないこと、中学生・高校生においては、週1日以上の休養日をとること。個々の選手の成長、体力と技術に応じた練習量と内容が望ましい。

4)全力投球数は、小学生では1日50球以内、試合を含めて週200球をこえないこと。中学生では1日70球以内、週350球をこえないこと、高校生では1日100球以内、週500球をこえないこと。なお1日2試合の登板は禁止すべきである。

5)練習前後には十分なウォーミングアップクールダウンを行うこと。特定の選手に過度な投球を強いるとオーバートレーニングにつながり、ケガをしやすくなってしまいます。このため特に投手や捕手はチームに複数いることが望ましく、投球数についても目安の球数を知っておくことが大切です。

【次のページ】 身体全体の柔軟性を高めること / 肘痛の見分け方とフォームの問題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第163回 春先は肩や肘を痛めやすい時期!未然に防ぐ6つのチェックポイントを知っておこう!【セルフコンディショニングのススメ】
第148回 酷暑の中での初戦対策【セルフコンディショニングのススメ】
第144回 試合前後に心がけたいコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第142回 時短のウォームアップを考える【セルフコンディショニングのススメ】
第137回 冬のウォームアップとクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム